【画像ギャラリー】市販を切望されながらお蔵入りとなった幻の86と激レアの86カスタマイズカー

幻の86その1/86シューティングブレーク

記事に戻る|新型は来年前半登場が有力! トヨタ86 次期モデルの狙いと販売最前線

2016年に公開されたシューティングブレークはオーストラリアトヨタが企画して、日本で作られた
シューティングブレークとは、ステーションワゴンと2ドアクーペのクロスオーバー
リアセクションはレクサスCTのものを使用

幻の86その2/FT-86オープンコンセプト

2013年に世界初公開されたFT-86オープンコンセプトは、市販直前までいったものの市販化を断念
最初からオープンモデルを計画していたかのような自然な仕上がり
FT-86オープンコンセプトはこのアングルが最もカッコいい
ソフトトップを閉めた状態でも全く違和感がない。製作はスープラを作っているマグナシュタイナー社が担当
クーペの86よりも明るい色遣いのインテリア

激レアの86/86STYLE Cb

記事に戻る|新型は来年前半登場が有力! トヨタ86 次期モデルの狙いと販売最前線

2015年の一部改良時に販売を開始した86STYLE Cb
ルーフをブラックにしたツートーンはどことなくクラシカルな雰囲気
86STYLE CbはGグレードがベースとなっていて、418万582~426万3055円で、ノーマルに比べや約128万円高だった
リアビューはノーマルとほとんど変わらず
金属調ベゼル付きの専用オーバルヘッドランプ
専用LEDフロントターン&クリアランスランプ
LEDフェンダーイルミネーション
STYLE Cb専用エンブレム
新意匠のアナログホワイトメーター

記事に戻る|新型は来年前半登場が有力! トヨタ86 次期モデルの狙いと販売最前線

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ