R32~R34型スカイラインセダンの中古車事情 高騰していない今が狙い目!

 2007年12月にGT-Rが独立したモデルとなり、現在スカイラインは4ドアセダンのみとなっている。

 スカイラインのなかでも特に16年ぶりにGT-Rが復活した1989年のR32型から2002年まで販売されたR34型スカイラインいわゆる第2世代GT-Rを擁していたスカイラインはクーペのイメージが強く、GT-Rではない標準モデルの2ドアモデルも用意されていた。

 しかし、遡れば1957年に登場した初代スカイラインは4ドアセダンだったし、GT-Rが最初に設定された3代目スカイライン、通称ハコスカも最初は4ドアセダンだった。

 すなわちスカイラインの原点は“高性能セダン”であると考えられる。

 現在、第一世代はもちろん、第二世代のGT-Rの中古車相場は暴騰しすぎて手が付けられない状態で、GT-RじゃないR32型、R33型、R34型の標準モデルの2ドアも高騰を続けている。

 この状況のなかで、さすがにそこまで高騰はしていない、最後の砦ともいえるのがスカイライン4ドアセダンなのだ。

 そこで、今回はR32型、R33型、R34型のスカイライン4ドアセダンの中古車事情に迫ってみたいと思う。


文/萩原文博
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】4ドアセダンこそがスカイラインの王道! R32~R34型の4ドアセダンを写真でチェック!


中古車平均価格はV37型に次いでR32型が高い

 各モデルの紹介の前に興味深いデータを紹介しよう。それはR32型から現行V37型までの中古車の平均価格だ。

 一般的には年式が新しいほど中古車の平均価格は高くなるもの。スカイラインも当然のことながら現行型のV37型が約273万円と最も高い。

 しかし中古車は人気という要素がダイレクトに価格に反映されるので、現行型に次いで平均価格が高いのがR32型の約156万円。

 そして安定した人気を誇るR34型が約144万円で続き、現在急上昇中のR33型が約130万円となっているのだ。

 年式は新しいものの、V36型の平均価格は約58万円、V型エンジンを初搭載し、物議を醸したV35型の平均価格は約34万円とこの約30年間で販売されたスカイラインのなかでV35型が最も低価格となっているのである。

 それだけ、直列エンジンを搭載したスカイラインに対して、思い入れが深い人が多いことを表わしている。

 それでは、R32型、R33型、R34型スカイラインセダンの歴史を振り返りながら、現在の中古車相場を分析していこう。

R32型スカイラインセダン:1989年5月~1993年7月

R32型スカイラインセダンGTS-tタイプM。ボディサイズは全長4580×全幅1695×全高1340mm。搭載されるエンジンは215ps/27.0kgmを発生するRB20DET型2L、直6DOHCターボ

 1989年5月に登場したR32型スカイラインは、これが最終モデルとなるピラードハードトップの4ドアセダンだった。

 セダンのみに設定された最高出力91psを発生する1.8L、直4エンジンを搭載したエントリーグレードのGXiをはじめ、最高出力125psを発生する2L、直6SOHCエンジンを搭載するGTE、最高出力155psを発生する2L、直6DOHCエンジンを搭載するGTS、GTSにスポーティな装備を装着したGTSタイプS。

 そして最高出力215psを発生する2L、直6DOHCターボエンジンを搭載したGTS- t/GTS-tタイプMが用意されていた。

 さらに同年8月にはアテーサE-TSと呼ばれる電子制御4WDを採用したGTS-4が加わり、クーペの5グレードを上回る7グレードが用意されていた。

 その後、1991年8月の一部改良時に最高出力180psを発生する2.5L、直6DOHCエンジン+5速ATを搭載したGTS25タイプX・Gを追加したのをはじめ、GXiやGTEなどにはタイプXという名称が追加されている。

R32型スカイラインのコクピット。ブラックを基調とし、視認性の高いメーター類やドライバー寄りに向けられたセンターコンソール、秀逸なデザインの本革ステアリングが特徴


■R32型スカイラインセダンの中古車相場
■中古車流通台数:9台
■中古車価格帯:約60万〜約280万円
■中古車平均価格:約156万円

R32型スカイラインセダンの中古車情報はこちらをクリック!

 1989年〜1993年まで販売されたR32型スカイラインセダンの中古車の流通台数は現在9台といよいよ絶滅危機に瀕している。3ヵ月前の時点では約12台だったので、かなり厳しい状況だ。

 中古車の平均走行距離は3ヵ月前の約16万kmから現在は約12.2万kmまで減少しており、この動きに連動して、中古車の平均価格は3カ月前の約130万円から約156万円へと値上がり傾向となっている。

 1年という長いスパンで見ても、2019年11月の時点では約120万円だったが、その後順調な値落ちを進めていたが、2020年6月から一転して値上がり傾向へと転じている。

 現在の中古車の価格帯は約60万〜約280万円で価格応談は3台となっている。100万円以下のクルマもあるが、100万円台の中古車が中心で、クーペに比べるとまだ割安感はある。

 グレードではGTS-tタイプMとGTS-4がメインで、GXiなどは流通していない。トランスミッションはほとんどがMT車となっており、ターボ+MTという仕様が中心となっている。

R33型スカイラインセダン:1993年8月~1998年4月

R33型スカイラインセダンGTS25-tタイプM。ボディサイズは全長4720×全幅1720×全高1360mmと全車3ナンバーボディとなった

 1993年8月にフルモデルチェンジが行われ、R33型へ進化する。先代のR32型は5ナンバーサイズボディを基本としていたが、このR33型は全車3ナンバー車として、さらにホイールベースを延長することで、R32型の弱点だった後席の居住性を改善したのが特徴だ。

 セダンは先代のピラードハートトップからサッシュ付きドアへと変更された。グレード構成はセダンのみに用意されたエントリーグレードのGTSをはじめとした6グレード。

 GTS/GTSタイプGには最高出力130psを発生する2L、直6SOHCエンジンを搭載。GTS25/GTS25タイプGには最高出力190psを発生する2.5L、直6DOHCエンジンが搭載されていた。

 そして、最上級グレードのGTS25tタイプには、最高出力245psを発生する2.5L、直6ターボエンジンが搭載された。

 4WDモデルは1995年1月に最高出力190psを発生する2.5L直列6気筒DOHCエンジンを搭載するGTS-4、GTS-4タイプGが追加された。

 1996年の1月にはグレード体系が変更され、GTSタイプX、GTSタイプS、GTS25タイプX、GTS25タイプS/S、GTS-4タイプXなどが追加されている。

R33型スカイラインセダンのコクピット。豪華かつラグジュアリーな印象


■R33型スカイラインセダンの中古車相場
■中古車流通台数:12台
■中古車価格帯:約56万〜約300万円
■中古車平均価格:約130万円

R33型スカイラインセダンの中古車情報はこちらをクリック!

 1993年〜1998年に販売されたR33型スカイラインセダンは、R32型〜R34型第二世代のスカイラインのなかでは、ボディの大型化やロングホイールベース化によってスポーティさが薄まったとして人気薄のモデルだった。

 しかし現在では、北米の25年ルールによる海外流出も手伝って大幅な値上がり傾向を示している。

 流通台数は直近の3ヵ月間、12〜15台と間を小幅な動きでとどまっており、横這いといえる状態だ。

 一方、中古車の平均走行距離は3ヵ月前の約5.2万kmから現在は約6.6万kmまで延びているにも関わらず、平均価格は3ヵ月前の約68万円から現在は倍近くとなる約130万円まで上昇している。

 さらに1年という長いスパンで見てみると、2020年の年始での平均価格は約50万円まで下がっており、そこを底値に現在は約80万円も値上がりしており、暴騰といえるレベルとなっているのだ。

 価格帯は約56万〜約300万円で価格帯によって流通しているグレードが異なっているのが特徴だ。

 最も多いのがGTS25タイプM系で、次いで2.5L自然吸気エンジンを搭載したグレードが各1台ずつといった状況だ。

 200万円を超える高価格帯はすべてGTS25タイプM系のターボ+MT車となっており、R32型同様にMT車の人気が高い。

R34型スカイラインセダン:1998年5月~2001年5月

「ボディは力だ。ドライビングボディ」というキャッチコピーで話題となったR34型スカイラインセダン。ボディサイズは全長4705×全幅1720×全高1375mm

 1998年5月にフルモデルチェンジを行い、直列エンジンを搭載する最後のR34型スカイラインが登場。

 先代のR33型はボディサイズの拡大によってスポーティ色が薄まったという反省から、R34型はホイールベースを短縮し走行性能を向上させたのが特徴で、現在でもドリフトのイベントにおいてR34型セダンは現役バリバリで活躍している。

 ボディ剛性が高いのもポイントで、それを裏付けるのが発売当時のCM。「ボディは力だ。走りのためにボディを鍛えた。これがドライビングボディ。SKYLINE SPORTS 4DOOR 誕生」と謳われるほど、4ドアモデルにも力が注がれていた。

 グレード構成は最高出力155psを発生する2L、直6DOHCエンジンを搭載するエントリーグレードのGTをはじめ、最高出力200psを発生する2.5L、直6DOHCエンジンを搭載する25GT/25GT-X、4WD車の25GT FOUR/25GT-X FOUR。

 そして最高出力280psを発生する2.5L、直6ターボエンジンを搭載する25GTターボ/25GT-Xターボの7グレードを用意していたが、2000年8月のマイナーチェンジで、25GT-Xターボが廃止されるなどグレード整理が行われた。

R34型スカイラインセダンのコクピット(200年8月に行われたマイナーチェンジ後の後期型)。シートクロスを変更をはじめ、アルミスポーツペダル、ブラック&シルバー本革巻きステアリング&シフトノブ、イリジウム調シルバーのセンターコンソール、シルバーメーターを採用


■R34型スカイラインセダンの中古車相場
■中古車流通台数:99台
■中古車価格帯:約25万〜約339万円
■中古車平均価格:約144万円

R34型スカイラインセダンの中古車情報はこちらをクリック!

 1998年〜2001年にかけて販売されたR34型スカイラインセダンの中古車流通台数だが、現在は100台を切った99台となっている。

 3ヵ月前の時点では155台も流通していたので、3分の1の中古車がわずか3ヵ月で姿を消したということになる。

 平均価格はこの3ヵ月の間、約9万kmで安定しているにも関わらず、平均価格は3ヵ月前の約130万円から現在は約144万円まで値上がりしている。

 1年という長いスパンで見てみると、2019年11月の時点では約118万円付近まで値落ちし、その水準をキープしていたのだが、2020年5月から値上がり傾向が現在も継続中という状況となっている。

 R34型スカイラインセダンの中古車の価格帯は約25万〜約339万円と幅広くなっているが、100万円以下の中古車も約31台流通しており、R32型やR33型と比べると手が届きやすいモデルだ。

 グレードでは、R32型やR33型同様にターボエンジンを搭載した25GTターボが最も多く、次いで25GTそして25GT-Xターボとなっており、中古車の半数はターボ車という状況だ。

 しかしMT車はわずか14台にとどまっており、R34型スカイラインセダンの中古車はATが主流となっている。

 すでに、AT車にMTを載せ替えた仕様も出回っており、今後はAT車も市場から姿を消す可能性は高い。

 R32型〜R34型スカイラインセダンは現在揃って値上がり傾向となっており、なかでも不人気といわれ続けたR33型が猛反発している状況だ。

 直6+FRのスポーツセダンということから、今後はさらに値上がりする可能性が高いので、早めに購入したい。

【画像ギャラリー】4ドアセダンこそがスカイラインの王道! R32~R34型の4ドアセダンを写真でチェック!