シルフィ消滅でブルーバード栄光の歴史に幕! 今こそブルーバードSSSの中古車が欲しい!!


■9代目U13型はセダンSSSが設定されたが尻下がりのデザインで不評:1991年9月~1996年1月

海外市場では「アルティマ」として販売したU13。先代U12型に対してホイールベースで70mm、全高で30mm拡大され、レイアウト合理化と合わせて居住性が向上した

 これに続く9代目U13型は、大胆なスタイルをまとって登場する。シリーズ構成の主役は、4ドアピラードハードトップの上質なARX(アークス)とスポーティセダンのSSSになった。

 2000SSSアテーサリミテッドはフロントにもビスカスカップリングを用いたトリプルビスカスだ。フラッグシップエンジンはSR20DET型DOHCインタークーラー付きターボである。だが、個性の強いデザインが災いし、ARX、SSSともに販売は不調に終わった。

■U14系10代目でSSSは消えた:1996年1月~2001年9月

U14のデザインはU12以前の流れを汲んだデザインとなった。しかし、この世代で『SSS』の歴史はその歩みを止めることとなる

 10代目のU14系ブルーバードはパキッとしたデザインの4ドアセダンだけに絞り、エンジンもターボを廃して自然吸気だけとしている。環境性能を重視し、時代に先駆けてリーンバーンエンジンや直噴エンジンも設定した。

 シャシーはプリメーラと共用になり、駆動方式はFFとツインビスカスのアテーサ4WDを用意している。1999年には生誕40周年の節目を迎えた。しかし、日産の販売不振もあり、販売は伸び悩んでいる。

 案の定、ゴーン体制になった時に11代目の開発は凍結され、急遽、サニーをベースにしたブルーバードシルフィがリリーフとして送り出された。だが、ファミリーカーに特化し、SSSは長い歴史にピリオドを打っている。

 ブルーバードシルフィも2012年11月に販売を終了し、名門ブルーバードの車名は日本の自動車史から消えている。

次ページは : ■歴代ブルーバードSSSは今いくらで買えるのか?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ