【画像ギャラリー】写真で振り返る 拡大し続けるカローラの全幅】

1966年にデビューしてから11代約53年にわたって5ナンバーを死守してきたが2019年9月 12代目で3ナンバー化

元記事に戻る【3ナンバーは当たり前なのか?】クルマの全幅拡大が止まらない理由

1966年にデビューした初代カローラ。 全長3845×全幅1485×全高1380mm
1970年にデビューした2代目カローラ。 全長3995×全幅1505×全高1375mm
1974年に登場した3代目。全長3995×全幅1570×全高1375mm
1979年に登場した4代目は全幅1600mmを超えた。全長4050×全幅1610×全高1385mm
1983年に登場した5代目。全長4135×全高1635×全高1385mm
6代目は1987年に登場。全長4195×全幅1655×全高1365mm
1991年に登場した7代目。全長4270×全幅1685×全高1380mm
8代目は1995年に登場。全長4285×全幅1690×全高1385mm
9代目は2000年に登場。全長4365×全幅1695 ×全高1470mm
10代目は2006年登場。全長4410×全幅1695×1460mm
11代目は2013年に登場。全長4360×全幅1695×1460mm
2019年9月17日に発表された新型カローラセダン、ツーリング(左奥はカローラスポーツ)。カローラセダンは全長4495mm、全幅1745mm、全高1430mm

元記事に戻る【3ナンバーは当たり前なのか?】クルマの全幅拡大が止まらない理由

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ