【画像ギャラリー】最長寿車は18年選手!! 10年以上作り続けられている現行日本車のデビュー時と現在の姿

トヨタプロボックス(2002年7月デビュー)

記事に戻る|ブランド戦略に変化? なぜレクサスのモデルサイクルは長くなったのか

トヨタハイエース(2004年8月デビュー)

トヨタプレミオ(2007年6月デビュー)

トヨタアリオン(2007年6月デビュー)

トヨタランドクルーザー(2007年9月デビュー)

記事に戻る|ブランド戦略に変化? なぜレクサスのモデルサイクルは長くなったのか

トヨタランドクルーザープラド(2009年9月デビュー)

レクサスLX570(2007年デビュー)

日産GT-R(2007年デビュー)

日産フェアレディZ(2008年12月デビュー)

日産NV200バネット(2009年5月デビュー)

記事に戻る|ブランド戦略に変化? なぜレクサスのモデルサイクルは長くなったのか

日産フーガ(2009年11月デビュー)

日産マーチ(2010年7月デビュー)

日産エルグランド(2010年8月デビュー)

三菱デリカD:5(2007年1月デビュー)

三菱i-MiEV(2009年6月デビュー)

三菱RVR(2010年2月デビュー)

ダイハツアトレーワゴン(2005年5月デビュー)

記事に戻る|ブランド戦略に変化? なぜレクサスのモデルサイクルは長くなったのか

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ