【画像ギャラリー】やっぱりホンダは凄いと唸らせた画期的なテクノロジーが搭載された15台のホンダ車

N360:自動変速機のホンダマチック初搭載(1968年)

記事に戻る|いつの時代も人間が主役…になっているか!? 「ホンダらしさ」の正体

初代シビック:CVCCエンジン初搭載(1973年)

2代目アコード:世界初のカーナビゲーションをオプション設定(1981年)

2代目プレリュード:世界初のFFダブルウィッシュボーン(1982年)

3代目プレリュード:世界初の舵角応動型4WS搭載(1986年)

初代レジェンド:日本初のエアバッグ採用(1987年)

2代目インテグラ:VTECエンジン初搭載(1989年)

初代NSX:オールアルミボディ採用(1990年)

4代目プレリュード:前輪駆動力配分のATTSを搭載(1996年)

記事に戻る|いつの時代も人間が主役…になっているか!? 「ホンダらしさ」の正体

後に2004年にデビューする4代目レジェンドに搭載されたSH-AWDへと進化

2代目Z:アンダーフロアミドシップ4WD搭載(1998年)

初代インサイト:実燃費世界ナンバーワン(1999年)

初代シビックハイブリッド:気筒休止エンジン(2001年)

FCX:米国政府認定の世界初の燃料電池車(2002年)

4代目インスパイア:日本初の衝突被害軽減ブレーキ(2003年)

4代目レジェンド:280ps自主規制突破第1号(2004年)

記事に戻る|いつの時代も人間が主役…になっているか!? 「ホンダらしさ」の正体

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ