【画像ギャラリー】いまだに販売好調なアクアの詳細を紹介!

■根強い人気の秘密をチェック

記事に戻る|【いまだに月販4位!!】なぜアクアは古くなってもなぜ売れ続けるのか

2017年6月にマイナーチェンジし、フェイスリフトされたアクア。歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用している
トヨタのハイブリッド車に共通する、空気抵抗を減らすためにデザインされた三角形のシルエット。操縦安定性や燃費性能のために、いろいろな空力付加物が採用されている
パワートレーンは、1.5Lエンジン(1NZ-FXE)にTHSIIを組み合わせる。JC08モード燃費は38.0km/L
アクアの内装。センターメーターに、マルチインフォメーションディスプレイを標準装備している
アクアのラゲッジ。5名乗車のシートアレンジで、これだけのスペースを確保する。リアシートは6:4分割可倒ができる
標準のアクアより地上高を30mmアップさせた「アクアクロスオーバー」も2017年6月のマイナーチェンジでラインナップに追加。4WDモデルの設定がないなど、あくまでSUV風だ

記事に戻る|【いまだに月販4位!!】なぜアクアは古くなってもなぜ売れ続けるのか

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ