【画像ギャラリー】ミツオカしか作れない! 創業から現在までの個性的すぎるモデルをピックアップ!!


■BUBU501(1982年)

記事に戻る|【内定式まで超個性的!】日本で10番目の自動車メーカー「光岡自動車」が次の50年へ!

当時「ゼロハンカー」と呼ばれ、原付か自動二輪免許で運転できた50ccスクーターのエンジンを積むミニカー。このモデルからミツオカは自動車作りに参入した

■BUBU502(1983年)

ゼロハンカー第二弾。タイヤ配置はBUBU501の前2本、後1本から前1本、後2本に変更され、真四角なスタイルを採用。荷物がかなり積めるので、配達に重宝された

次ページは : ■BUBU505(1984年)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!   そんななか、9月10日に発売されるベストカー本誌10月10日号の大注目企画は“謎に包まれた次期クラウン”の決定的情報を入手!   ベス…

カタログ