【画像ギャラリー】濃密な車両解説もぜひ!!!! 歴代「ベビーギャング」たちの共演をギャラリーでチェック!!!


記事に戻る│ヤリスも真っ青!!? 軽だからって侮れない かっ飛び「ベビーギャング」たちの系譜

■スズキ 初代アルトワークス(1987年)

 初代アルトワークスは商用車とすることで物品税を節税した初代アルトや軽ハイトワゴンのワゴンRのように新しいジャンルを開拓するスズキとしては珍しく初代ミラTRの影響を受け登場した軽スポーツである。しかし、後発だけにエンジン内部だけ見ても強化されたピストン、コンロッド、クランクを持つ本格派で、軽自動車の64ps規制ができるきっかけはコイツだった。

■スズキ 2代目 アルトワークス(1988年)

 2代目アルトワークスは初代モデルの成功もあり、標準モデルとは異なる丸形ヘッドライトとなり、初代モデル同様のハードなモデルに加えマイルドなSOHCターボも設定するなど、バリエーションも拡充された。モデルサイクル中に軽自動車の規格改正があったため排気量とボディサイズが拡大されたほか、モデルサイクル後半には競技ベースのワークスRも追加された。

次ページは : ■スズキ 3代目 アルトワークス(1994年)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!   そんななか、9月10日に発売されるベストカー本誌10月10日号の大注目企画は“謎に包まれた次期クラウン”の決定的情報を入手!   ベス…

カタログ