【画像ギャラリー】EV? ロータリー? いいえ、マイルドHVです! マツダの狙いを新型MX-30で見る!!

●記事に戻る|なぜEVやロータリーじゃない? 新型MX-30をマイルドHVから発売するマツダの狙いと背景

マイルドハイブリッド(HV)仕様の「e-SKYACTIV G」として発表されたMX-30
EVとして発売されると思われていたMX-30だが、日本市場でまず発売されるのはSKYACTIV G+24Vのマイルドハイブリッドシステム仕様だ
100周年記念モデルとして発表されたMX-30。マツダ100周年記念モデルは全モデルがこのカラーで統一されている
フェンダー部分に「100YEARS 1920-2020」と記されたプレートが見える
2020年現在、最後のロータリー搭載車であるRX-8以来の採用となった観音開きドア
リアシートを寝かせてラゲッジスペースにした状態。お世辞にも足元が広いとはいえない後部座席だが、こちらが本来の姿だと思えば補助的に付いている後部座席がとてもありがたく思えてくる
新型コロナウイルスがマツダの開発・販売戦略に少なからず影響を与えたのでは……というのは筆者の考えすぎだろうか
給油口の上部にさりげなく、しかし燦然と輝くMAZDAロゴ
懸念されるのがCX-30とMX-30のユーザー層のバッティングだ。MX-30もCX-30も同じCセグのSUVなので、これを同じディーラーで販売するとしたらどうしても競合せざるを得ない
インテリアにもエコロジーな素材を使用するMX-30。マツダのエコ志向を代表する役割を与えたのであれば、それをマイルドハイブリッドでデビューさせてしまうのは少しもったいない気もする

●記事に戻る|なぜEVやロータリーじゃない? 新型MX-30をマイルドHVから発売するマツダの狙いと背景

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ