【画像ギャラリー】ついに登場GRヤリス 試乗の様子から各グレード ライバルモデルをギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│ついに発売GRヤリス!!! 買いか待ちかその魅力と難点を聞く

■トヨタ GRヤリス

■GRヤリス RC(330万円)

タイヤサイズこそ205/45R17になるものの、ブリッピング機能が着いた6速のiMTを操って272ps、37.7kgmのポテンシャルを純粋に楽しむなら。オプションでエアコンも装着可能でおすすめだ

■GRヤリスRZ(396万円)

アルミホールがエンケイ製の鍛造となり、タイヤはダンロップのSPスポーツマックス050+になる。ブレーキキャリパーは黒になるがフロント18インチの対向4ポッド、リア16インチの対向2ポッドは共通

■GRヤリスRZハイパフォーマンス(456万円)※受注終了

。BBS製鍛造アルミホイールとミシュランパイロットスポーツ4S、前後トルセンLSD、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラーの装着がRZとの違い

■GRヤリスRS(265万円)

1.5LNA、FFモデル。225/40R18のアルミホイールも装着され、カーボンルーフやアルミ製エンジンフード、バックドア、左右のドアパネルなどボディは共通。ファイナルを下げた10速CVTと贅沢な足回りを組み合わせた走りは小気味いい

■GRヤリス 用品装着車

トヨタカスタマイジング&ディベロップメント扱いのフロントスポイラーやサイドスカート、ナンバーフレームもラインアップ。整流効果を高めるディスチャージテープもかっこいい

GRヤリス RC主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1805×1455mm
・ホイールベース:2560mm
・車重:1250kg
・エンジン:直3DOHCICターボ
・排気量:1618cc
・最高出力:272ps
・最大トルク:37.7kgm
・トランスミッション:6MT
・タイヤサイズ:205/45R17
・サスペンション:ストラット/ダブルウィッシュボーン
・価格:330万円

●GRヤリス RS主要諸元
・全長×全幅×全高:3995×1805×1455mm
・車重:1130kg
・最高出力:120ps
・最大トルク:14.8kgm
・トランスミッション:CVT(10速)
・サスペンション:ストラット/ダブルウィッシュボーン
・価格:265万円

■トヨタ ヤリス1.5G(6MT・170万1000円)

。全長×全幅×全高=3340×1695×1500mm 車重=1000kg 最高出力=120ps 最大トルク=14.8kgm サスペンション=前 ストラット/後 トーションビーム

■スイフトスポーツ(6AT・208万8900円)

全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm 車重=990kg 最高出力=140ps 最大トルク=23.4kgm サスペンション=前ストラット後トーションビーム

■日産 ノート e-POWER NISMO S(272万1400円)

全長×全幅×全高=4165×1695×1535mm 車重=1250kg 最高出力=83ps 最大トルク=10.5kgm モーター最高出力136ps モーター最大トルク=32.6kgm サスペンション=前ストラット 後トーションビーム

記事に戻る│ついに発売GRヤリス!!! 買いか待ちかその魅力と難点を聞く

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ