【画像ギャラリー】在りし日のセナの姿も 写真とともに振り返るホンダF1ヒストリー(1964-2021)


記事に戻る│検証「ホンダF1の参戦終了は正しい判断だったのか」識者7名の視点

■Honda F1 History│第1期(1964~1968年)

 当初はエンジンサプライヤーとしての参戦を考えていたが、搭載を予定していたロータスから約束を反故にされ、フルコンストラクターとして参戦。1965年の最終第10戦メキシコでリッチー・ギンサーの駆るRA272が初優勝を果たす。1967年にジョン・サーティースが加入。優れた戦績を残すが、大気汚染対策としての市販車用低公害型エンジン開発を理由に1968年、F1活動休止を発表。

1965年、リッチー・ギンサーが初優勝をもたらす

■Honda F1 History│第2期(1983~1992年)

 1983年、スピリットチームにエンジンを供給する形でF1に復帰。1980年代後半にはホンダエンジンを積むマクラーレンが16戦中15勝を挙げるなど、圧倒的な強さを発揮した。コンストラクターズチャンプは6年連続、ドライバーズチャンプは5年連続でホンダエンジン搭載車が獲得するなど、まさに黄金期だったが、ホンダの世界的な新車販売の不振などが理由で、1992年に撤退。

アイルトン・セナのようなスターも生まれた

次ページは : ■Honda F1 History│第3期(2000~2008年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ