【画像ギャラリー】アウディの電動クーペSUV”e-tron Sportback”が日本上陸

記事に戻る|柴咲コウが応援!アウディ電動クーペSUV「e-tron Sportbackを発売

アウディ電動クーペSUV”e-tron Sportback(イートロン スポーツバック)”が日本上陸
EVの未来感と4ドアクーペSUVのスタイリッシュさを組み合わせた最新世代のアウディだ
充電用ソケットは助手席側フェンダーに装備。航続距離は、405km(WLTCモード)だ
充電は、200V普通充電と急速充電に対応。200Vの8kW普通充電で、1時間で約37km走行分の電力をチャージできる
普通充電は、3kWタイプが標準だが、オプションでウォールブランケット付き8kW普通充電ユニットも用意
アウディ独自の充電サービス”e-tron Charging Service”を提供。加入すると、全国21700基の急速充電及び普通充電器が利用できる
駆動モーターを前後に1基ずつ搭載した4WD車で、95kWhの駆動用リチウムイオン電池をフロア下に配置
アウディ車アプリ”my audi”では、バッテリー残量の確認、エアコン操作、ドアの施錠/開錠がリモートで行える
アウディ初のデジタルミラーも採用。通常タイプのミラーも用意される
デジタルドアミラーの映像は、Aピラー下のドアパネル内蔵モニターで確認できる
アウディのデジタルディスプレイ「バーチャルコクピット」やインフォテイメントシステム「MMIタッチレスポンス」を備えたモダンなコクピット
クーペSUVだが、後席スペースもしっかりと3名分が確保される(本国仕様車)
バッテリーやモーターの影響がなく、たっぷりとした616Lの容量を確保したラゲッジスペース
Audi e-tronサポーターに就任した柴咲コウ(左)とフィリップ ノアック アウディジャパン代表取締役社長

記事に戻る|柴咲コウが応援!アウディ電動クーペSUV「e-tron Sportbackを発売

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ