【画像ギャラリー】シビックタイプR

初代(EK9)

記事に戻る|【一生に一度は乗ってみたい!!】歴代シビックタイプRでどれが買い得?

中古マーケットでは黒は希少価値から相場は高い
チタンシフトノブはタイプRの証
1.6Lエンジンとしては驚異的なパワーを誇った
今では古臭く見えるメーターパネル
MOMO製の3本スポークステアリング
ルーフスポイラーは超スポーティ

2代目(EP3)

イギリスから逆輸入というかたちで販売
計器類をセンターに集積
ホワイトの3眼メーター
このエンジンだけでも所有する価値がある
特徴的なインパネシフト
タイプRといえばこの赤いレカロシート

3代目(FD2)

サーキットに特化したと思えるほど硬い乗り味
エアロダイナミクスにこだわったフロントバンパー
スポーティだがケバケバしさは皆無
4ドアセダンゆえシリーズで最も後席が広い
大型リアスポイラーが精悍さをアピール
リアには大型のディフューザーを装着

記事に戻る|【一生に一度は乗ってみたい!!】歴代シビックタイプRでどれが買い得?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ