【画像ギャラリー】2021年にデビュー予定の次期WRX STI&S4はこうなる!

次期WRXS4は2021年夏にデビュー予定

元記事に戻る 限定500台の最終STIコンプリートカー WRX S4 STIスポーツシャープ残り30台 間もなく完売!!

新型WRX S4は新型レヴォーグと同じデザインテイストを持ったアグレッシブな外観となる(CGイラストはベストカーが製作したもの)
現行WRX S4はSTIスポーツのみのラインナップとなる

次期WRX S4は2021年夏頃にフルモデルチェンジする予定だ。搭載されるエンジンは新開発の水平対向1.8L直噴ターボ(200ps)と、270ps前後の出力が予想される2.4Lターボ。

 スバルグローバルプラットフォーム・SGPは第二段階に入り、フルインナーフレーム構造でより高いボディ剛性を実現する。

 SGP+フルインナーフレーム構造を採用する車体構造により、高いシャシー性能を実現。ハンドリングのよさは安全にも大きく寄与するという。

 さらに走り好きにとって嬉しいのは、スバル初の電子制御ダンパーだ。これは新型レヴォーグに初採用されたものだが、ダンバー内部のバルブを電動でコントロールすることで、オイルの流量を変え、ダンバーの固さを調整するもの。

 さらにスイッチ1つで、乗り心地を重視したモードから、ひとりで走りを楽しみたい時にスポーティモードにできるモードを持つ「ドライブモードセレクト」も採用する。

 アイサイトの進化はすでに伝えられているが、具体的にはステレオカメラに加えて4つのレーダーによる360度センシングを実現しており、右左折時の歩行者や自転車に対するブレーキ作動や右直衝突に対するアラートなどにも対応しているという。

 また、高精度マップ&ロケーターを採用したことで自車位置特定を可能とし、カーブ前の減速支援や渋滞時のハンズオフにも対応する。

新型WRX STIは2021年10月デビュー予定

次期WRX STIは北米で販売されているアセントが搭載しているFA24型の2.4L直噴ターボが搭載される模様(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 名機EJ20ターボエンジン搭載モデルが2020年12月23日の注文受付けをもって販売が終了したWRX STI。

 次期モデルの開発は着々と進んでいる。現在入っている情報では水平対向4気筒、2.4Lの直噴ターボユニットの搭載が有力で、そのスペックはなんと400ps/50.0kgm級だという。

 この2.4Lターボは北米市場向けのSUV「アセント」に搭載されているFA24型で、スペックは264ps/38.3kgm。このままではWRX STIのエンジンとしては力不足だが、ブロックの強度に余裕があり、400ps級のハイパワーにも対応できるという。

新しいSGPプラットフォームを得て戦闘力が大幅に増す新型WRX STI(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

元記事に戻る 限定500台の最終STIコンプリートカー WRX S4 STIスポーツシャープ残り30台 間もなく完売!!

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ