WEC富士目前! 戦いはすでに始まった!? トヨタドライバーたちがゲーム対決だ

2018年10月10日、東京のお台場にあるメガウェブにWEC(世界耐久選手権)に参戦するトヨタGAZOOレーシングのドライバー6名が集結した。

ファンとの交流、そしてグランツーリスモでお互いに勝負をするという。10月14日に近づいたWEC富士6時間耐久レースへの意気込みも聞いてきたぞ。

文/写真:ベストカーWeb編集部


■「TS050のパワーは凄いものがある」とアロンソ選手

いよいよ2018年10月14日に迫ったWEC(世界耐久選手権)富士ラウンド。2018年のル・マンウィナーであるトヨタGAZOOレーシング(TGR)にとって、凱旋レースにもなる大切な一戦だ。

今回お台場のMEGAWEBにTGR WECドライバーが集まったのは、ファンとの交流イベントへの出席のため。

ドライバーは中嶋一貴や小林可夢偉の日本人ドライバー、フェルナンド・アロンソ、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス、セバスチャン・ブエミだ。

左からセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンドアロンソ。エース車両8号車に乗る3人。アロンソばかりに目がいくがこの3人でなければ耐久レースは乗り越えられない。ちなみに3人ともF1ドライバー経験者

会場には200名ほどの抽選で選ばれたファンが集い、ドライバーたちとの交流を深めた。

特に2018シーズンの注目は現役F1ドライバー(マクラーレン)のフェルナンド・アロンソ選手の参戦だろう。

左からマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3人。こちらは7号車のドライバーだ。コンウェイはインディ、ロペスはWTCC(F1にも乗りかけたが…)、小林はご存じのとおりF1出身だ

やはりスーパースターだけあって注目度も抜群だ。自身がWECで乗るトヨタのTS050について聞かれたアロンソ選手はこう答えた。

「F1に乗っているとその圧倒的なパワーに驚かされます。しかしTS050も同様に1000馬力を超えるシステム出力は凄いものがあるんです。富士も楽しみだよ」。

自身の目標を3大レース制覇と語っているアロンソ。モナコ(F1)、そしてル・マンを制して残るはインディ500だ

小林可夢偉選手もこう続いた。

「富士スピードウェイをいま走るマシンで一番早いのがTS050です。最終コーナーからの立ち上がりで加速していく姿はぜひ見てほしいです。100Rも全開ですからね」。

世界屈指の耐久レースであるWECを間近で見られるチャンス!! お時間あればWEC観戦もいかがだろうか?

■グランツーリスモでもアロンソ最強説は本当か!?

そしてお待ちかね、6人のドライバーによるグランツーリスモ対決。予選を経て決勝の舞台はサルト・サーキット。マシンはTS050だ。

ここで意地を見せたのがやっぱりアロンソ選手。鬼のようなブロッキングを見せつけ、トップのままゴール。

終始ご機嫌だったアロンソ。きっと富士スピードウェイでもグランツーリスモで走りこむのだろう

なんせWECのレースウィークは時間さえあればグランツーリスモでタイムアタックをしている6人とあって、その実力はかなりのもの。

それだけ実車にも近い感覚をこのゲームが持っているということだろう。世界最高峰のレーシングドライバーによるグランツーリスモ対決、映像でお楽しみ下さい!!

【WEC富士の詳細】

大会名称:FIA 世界耐久選手権第4戦 富士6時間耐久レース
日時:2018年10月13日(土) 予選 / 同10月14日(日)決勝
開催場所:富士スピードウェイ(静岡県)

チケットなど詳細は公式ホームページから!!

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ