【画像ギャラリー】何代目が一番売れたのか? 歴代フェアレディZの雄姿を写真でチェック!

S30型、S130型、Z32型、Z33型、Z34型詳細写真

元記事に戻る 待ちわびたぜ! 発売は2021年末 完全丸裸「新型フェアレディZ」の艶姿

■歴代フェアレディZの生産台数の推移
S30型(1969年10月~):48万4857台
S130型(1978年8月~):42万5403台
Z31型(1983年9月~):36万4691台
Z32型(1989年7月~2000年9月):16万5485台
Z33型(2002年7月~):23万6182台
Z34型(2008年12月~):12万2407台
合計:179万9025台
(※~2019年8月)

S30Z:1969年10月~。写真はS20型エンジンを積んだZ432
S130型:1978年8月~。2トーンのボディカラーにTバールーフが特徴
Z31型:1983年9月~。エンジンがL型直6からVGのV6、2Lターボと3L、V6に切り替わった
1986年10月のビッグマイナーチェンジでは3L、V6系エンジンを搭載する3ナンバー車のボディをブリスターフェンダー化するなど迫力あるものとしたほか、NAの3L、V6DOHCを搭載する300ZRを追加。300ZRはフェアレディZらしい古典的なところを強調した点が魅力となりマニアックなファンから人気を集め、このビッグマイナーチェンジでは成功
Z32型:1989年7月~2000年9月まで生産、2000年12月販売終了。30年の歴史にいったん幕を下ろし、2002年7月の5代目(Z33型)発売まで一時的に絶版車種となった。ヘッドランプは3代目のパラレルライジングタイプから再び固定式に戻された
Z33型:2002年7月~。C・ゴーン氏の肝いりで2年ぶりに復活。ボディは2シータークーペと後にロードスターが追加された
Z34型:2008年12月~。Z33型から700㏄排気量が増え3.7Lとなり、ホイールベースは100mm短縮
2019年5月24日から予約注文が開始され、2020年3月末までの期間限定モデルとして同年7月から発売となった、フェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデル「フェアレディZ 50thアニバーサリー 」
赤/青/白のトリコロールの“BREカラー”は、ニッサンのモータースポーツのイメージカラーへと引き継がれたという解釈が成り立つ。肖像/商標権などの問題から“BRE”の詳しい説明ができない事情があると想像されるとはいえ、多少なりとも触れておく必要はあるだろう。日産のブランドカラーとしては「2000年以降の赤を中心としたものから現在まで至っている」(日産広報部)としている
Z 50thアニバーサリーモデルのインテリアは、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールのほか、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムが採用
50thアニバーサリーモデルの運転席・助手席は専用ステッチ付き本革・スエード調ファブリックコンビシート(50周年記念型押しロゴ、ヒーター付き)が装備される
1974年式240ZG(右)とZ34型のZ 50thアニバーサリー(左)

元記事に戻る 待ちわびたぜ! 発売は2021年末 完全丸裸「新型フェアレディZ」の艶姿

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ