【画像ギャラリー】歴代ロータリー搭載車とロータリーの復活はいつ?

コスモスポーツ、ファミリアロータリークーペ、ルーチェロータリークーペ、サバンナRX-3、歴代RX-7、RX-8ほか

ロータリーエンジンを開発するマツダ社内の様子
13Bロータリーエンジンの部品類
コスモスポーツ(1967~1972)。世界初の実用量産ロータリーエンジンを搭載した
ファミリアロータリークーペ(1967~1978)
ルーチェロータリークーペ(1967~1972)
サバンナ(1971~1978年)
初代 サバンナRX-7(1978~1985年)
2代目 サバンナ RX-7(1985~1991年)
RX-7(1991~2002年)
RX-8(2003~2012年)
東京モーターショー2015に出展されていた「RX VISION」。当時はSKYACTIV-R搭載で後輪駆動とアナウンスされていた。2007年に公開された次世代RENESIS 16X(単室容積800cc×2ローター)をベースとして、次期REスポーツカー用エンジン「SKYACTIV-R」の開発は進められているという
2019年10月23日に発表されたMX-30にレンジエクステンダーのパワートレインとしてロータリーエンジンが搭載される予定。発売は2021年を予定

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ