【画像ギャラリー】日本人が最も愛したクルマの1台~スカイライン歴代写真館~

スカイラインは12代、63年の歴史

初代(S1/S2:1957~1963年)

記事に戻る| 伝統を切り捨て自滅!? 今こそ「愛」を 日産スカイラインが売れなくなった理由

プリンススカイライン

2代目(S5/1963~1968年)

1966年に日産とプリンスの合併。それ以前はプリンススカイライン、合併後は日産スカイライン

3代目(C10:1968~1972年)

通称ハコスカ

4代目(C110:1972~1977年)

通称ケンメリ

5代目(C210:1977~1981年)

通称ジャパン

6代目(R30:1981~1985年)

通称ニューマンスカイライン(後期モデルは鉄仮面)

7代目(R31:1985~1990年)

通称セブンス

8代目(R32:1989~1993年)

このモデルからアールサンニーと型式で呼ぶのがメイン

9代目(R33:1993~1998年)

アールサンサン

10代目(R34:1998~2001年)

アールサンヨン

11代目(V35:2001~2006年)

V6エンジンを搭載した初代モデル

12代目(V36:2006~2016年)

スカイライン史上初となるSUVのスカイラインクロスオーバーを追加

12代目(V37:2014年~)

現行のデビュー時はインフィニティエンブレム
2019年のマイチェンでVモーショングリル+日産エンブレム装着

スカイラインGT-Rは 5モデル存在し、現在はGT-Rとして独立

初代(PCG10/KPGC10:1969~1972年)

4ドアと2ドアをラインナップ

2代目(KPGC110:1973年)

排ガス規制に泣いた悲運の名車

3代目(BNR32:1989~1994年)

16年ぶりにスカイラインGT-Rが復活して大人気

4代目(BCNR33:1995~1998年)

大型化したボディが不評だったが中古車になって人気

5代目(BNR34:1999~2002年)

今では1000万円オーバーも当たり前のプレ値

記事に戻る| 伝統を切り捨て自滅!? 今こそ「愛」を 日産スカイラインが売れなくなった理由

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ