【画像ギャラリー】本格的なオフロード走行もできるジムニーの走破性を写真でチェック!

元記事に戻る 発売から2年 納車待ち1年なぜ改善されない? いつまで続くジムニー納車待ち狂騒曲

ジムニーの価格は148万5000~187万5500円
本格的なオフロード走行も可能なジムニー
ラダーフレームによる本格的なオフロード走行できることが本物のクロカン四駆として人気につながった
旧型では一時期2WDもラインナップしていたが、現行モデルはパートタイム4WDのみの設定となっている。この4WDが最強レベルの走破性を実現
ジムニーはハードユースにも耐えるように設計されている。インテリアもそのコンセプトのため、遊びグルマとしては最高の使い勝手を誇るのも人気の要因
画像上部左の青いマーキングがついたロッドがステアリングダンパー。純正採用されるとは!! 嗚呼、ラダーフレームの頼もしい
フレームに溶接された牽引フック。こういう部分も手を抜かないのがジムニーらしい
ジムニーのコクピット
ジムニーのインテリア
ボディカラーバリエーション
1.5Lエンジンを搭載するジムニーシエラ。 価格は179万3000~205万7000円
ボディサイズは3550×1645×1730mm(全長×全幅×全高)と、全長、全幅ともにジムニーよりひとまわり拡大。先代比だと全長が50mm短く、逆に全幅は45mmワイド化。エンジンは直列4気筒 1.5Lの「K15B」型を搭載。102ps/13.3kgmを発揮。トランスミッションはジムニーと同じく5速MTと4速ATが用意
ねじり剛性を高めた新開発ラダーフレームをベースに、前後3リンクリジッドアクスル式コイルスプリングサスペンションを組み合わせたもの。そこに載せられるパワートレーンはエンジンを縦置きとしたFRレイアウトに、副変速機付きのパートタイム4WDという伝統的な構成を踏襲。それに加えて空転するタイヤにブレーキを掛けることで脱出性能を高める「ブレーキLSDトラクションコントロール」、登坂および降坂をサポートする「ヒルホールドコントロール」や「ヒルディセントコントロール」も備えている
基本的にジムニーと同じジムニーシエラのコクピット
ジムニーシエラのシート
ジムニーシエラのボディカラーバリエーション

元記事に戻る 発売から2年 納車待ち1年なぜ改善されない? いつまで続くジムニー納車待ち狂騒曲

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ