【画像ギャラリー】食用油や水辺の藻で自動車が走る時代に!? カーボンニュートラル研究の最前線を見る

●記事に戻る|大気中のCO2を増やさない!? 夢の次世代バイオ燃料が秘める可能性と現在地

ブラジル仕様のトヨタ エティオス。ガソリン以外にもエタノールなどを燃料にして走行できるフレックス燃料車として実用化されている
藻の仲間である微細藻類の中には油を蓄える性質をもつものもある。研究者はバイオ燃料の素材としてより最適な藻を探し出し、高効率の培養法や遺伝子研究などが進められている
マツダと広島大学が共同で研究を進めているバイオ燃料は、燃料としての効率や製造の際のコスト面でも一定の品質はクリアしていると考えられる
いすゞもユーグレナと共同で、バイオディーゼルのバスを走らせるなど、実証実験レベルでは実績を築いてきている。地球温暖化阻止という面でも、バイオ燃料への期待は今後高まっていくだろう

●記事に戻る|大気中のCO2を増やさない!? 夢の次世代バイオ燃料が秘める可能性と現在地

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ