【画像ギャラリー】歴代レガシィからカルディナ ステージア アコード アベニール… 国産快速ワゴンたちをギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│新型レヴォーグ登場記念! 過去~現在 快速スポーツワゴンの系譜を辿る

■スバル 初代レガシィツーリングワゴン(1989年)

 AT用にチューニングされた2Lフラット4のEJ20ターボは200psでスタート。2段のルーフや黒いDピラーも新鮮だった。

■スバル 2代目レガシィツーリングワゴン(1993年)

 エンジンはシーケンシャルツインターボとなり、1996年のモデルチェンジ後のMT車は2Lで初となる280psに到達している。

■スバル 3代目レガシィツーリングワゴン(1998年)

 3代目はボディ剛性の強化により、重かったものの質感も向上。リアサスペンションもストラットからマルチリンクになった。

■スバル 4代目レガシィツーリングワゴン(2003年)

 2Lターボはシングルターボに戻り、エキゾーストも等張等爆に。GTには18インチタイヤのスペックBも設定された。

■スバル 5代目レガシィツーリングワゴン(2009年)

 大型化もあり快速ワゴンのイメージは薄れたが、初期型では2.5Lターボ、後期型では2L直噴ターボのGTを設定していた。

■スバル 初代レヴォーグ(2014年)

 レガシィの後継モデルとして2013年の東京モーターショーでデビュー。1.6Lと2Lという2種類のターボエンジンのみの設定。

■トヨタ 2代目カルディナGT-T(1997年)

 2代目で2Lターボを設定。エンジンはレガシィに勝る面もあったが、それ以外は劣勢だった。

■トヨタ 3代目カルディナGT-FOUR(2002年)

 2Lターボは継続され、Nエディションの設定もあり、レガシィとの差は縮まったものの及ばず。

■三菱 レグナムVR-4(1996年)

 快速ワゴンのVR-4は2.5L V6ターボを搭載し、AYCも採用。レガシィに一番近づいた存在だが……。

■日産 初代ステージアRS FOUR(1996年)

 ローレルベースのステーションワゴンで当時の日産車としては成功。2.5L直6ターボはモデルチェンジで280psに到達した。

■日産 初代ステージア260RS(1997年)

 RB26DETTやアテーサET-S、ブレンボのブレーキといったR33GT-Rの基幹部分を、ほぼそのまま移植したスペシャル快速ワゴン。

■三菱 ランサーエボリューションワゴン(2005年)

 こちらもランエボIXの基幹部分をほぼそのまま移植した快速ワゴンで6速MTに加え、5速ATも設定。9.5と呼ばれるMRでも継続。

■三菱 リベロGT(1994年)

 リベロは4代目ランサーがベースのステーションワゴンで、GTは1.8Lターボ+4WDを採用した快速ワゴン版だった。

■日産 アベニールサリューGT(1995年)

 初代アベニールはビッグマイチェンで2LターボのSR20DET+4WDのGTを追加した。

■日産 2代目アベニールGT4(1998年)

 2Lターボ+4WDは2代目でも継続。クルマの質は大きく向上したが、途中で廃止された。

■ホンダ 3代目アコードワゴンSiR(1999年)

 アコードワゴンは対レガシィにおいて歴代において善戦したモデルで、SiRは2.3L VTECを搭載。

■ホンダ 5代目アコードツアラー(2008年)

 アコードのワゴンは5代目でラージクラスに移行。モデルチェンジで専用サスなどがつくタイプSが加わった。

■トヨタ マークIIブリットiR-V(2002年)

 ブリットはカムリ系のFF車だったクオリスの後継車となる、FFのマークII系のワゴンだ。快速ワゴンのiR-Vは2.5L直6ターボを搭載したが、排ガス規制強化により2006年に絶版に。

■トヨタ クラウンエステートアスリートV(1999年)

 最後の直6搭載モデルとなった11代目クラウンのワゴン。快速ワゴンのアスリートVもブリットiR-V同様に2.5L直6ターボを搭載。クラウンのワゴンはエステートで最後となった。

記事に戻る│新型レヴォーグ登場記念! 過去~現在 快速スポーツワゴンの系譜を辿る

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ