注目SCOOP情報と新型フェアレディZの追加情報がアツい! ベストカー3月10日号


 寒い日が続きますが、春の足音も着実に近づきつつある2月。発売中のベストカーの3月10日号も、ひと足早く春を感じさせるウキウキした内容です!

 まずはベストカーといえば、この先の新車情報を先取りするSCOOP企画。今号は「トヨタ&レクサス 未来のカギを握る2大SUV超重大情報入手!」と題して、デザインが判明した次期レクサスRXと、水素エンジン第1号搭載とされるランドクルーザー300を取り上げます。エコな水素エンジン搭載車が今人気のランドクルーザー300になる! という情報、これは見逃せません!

 先日、日本仕様が公開されたばかりの新型日産フェアレディZ。さらなる詳細情報を読者へお届けしたい! とカラー8ページ特集でお届けします。ベストカー独自の調査で価格もお伝えします。ズバリ、510万円から買えると予測!

 今号の大特集は「最強コスパCAR」。クルマを買う時、つい切り離せないのが「コスパがいいかどうか?」。読者のみなさんへ、コスパがかなりいいモデルを頭に入れてクルマ選びをしてほしい、と「コスパが物凄くいいクルマ」を26台厳選して紹介します。

 上記の「最強コスパCAR」同様のバイヤーズガイド企画として、「2022年登場の新型車vs現行ライバル車 買い待ち判定天気予報」という企画もオススメです。今年、これから発売される国産新型車の登場を待って、今ある国産車を選んだほうがいいのかどうか? を判定していく企画です。

 さらに「最新軽自動車徹底チェック」という企画を、カラー6ページで展開しています。軽自動車のなかで販売台数TOP4の各社のスーパーハイトワゴンを実際に乗り、あれこれテストするコーナーがメイン。軽自動車の深さがわかる企画です。

 そのほか、「NEW CAR試乗4連発」と題して、アウトランダーPHEV、ロードスター990S、RAV4アドベンチャーハイブリッド、レガシィアウトバックという4モデルの試乗記を掲載。5人の旧車オーナーの「愉悦」と「苦悩」を紹介する企画があれば、あの柔道家・小川直也さんが登場し、GT-R NISMOスペシャルエディションに挑む企画もあります!

 怒涛の企画の連続で大興奮間違いなしの、ベストカー3月10日号です。

文/ベストカー編集部
写真/平野 学 ほか

注目SCOOP! 「トヨタ&レクサス 2大SUV情報入手+次期クラウン深掘り情報」

デザインが判明した、次期レクサスRX。リアが寝たクーペスタイルが目を引く

 トヨタ&レクサスのSUVにまた大きな動きが! まずはレクサス次期RXの採れたて情報で、判明したデザインを特別に公開します。現行型のキープコンセプトながら、よりシャープさが増し、クーペルックを強化した印象。NX同様、すべて直4でPHEVを含む4種類のパワーユニットが搭載されることも判明しました。

 もうひとつ、トヨタからはランドクルーザー300の情報。「すでに販売しているじゃない?」、そう思われますが、今回つかんだ情報は「トヨタ開発中の水素エンジン、その第1号搭載モデルがランドクルーザー300になる」ということだ。この先の「内燃機関の希望の星」である水素燃料エンジン搭載車がランクル300になる……! これは見逃せない情報です。

 さらには大注目の次期型クラウンの新規深掘り情報も掲載。次期クラウンは4ドアクーペモデルで今年秋頃に登場し、クラウンのクロスオーバーSUVタイプは来年追加で登場します。気になる方、ページをぜひ開いてください。

次ページは : 今年6月に国内販売! 「日産新型フェアレディZ もっと知りたい情報」特集