GRブランドの「BEVピュアスポーツのSCOOP」情報に加え、「5大特集」で展開! ベストカー7月10日号


 梅雨入りしたエリアもありますが、発売中のベストカー7月10日号は鬱陶しさを吹き飛ばす中身です!

 鉄板人気のSCOOP特集は「GAZOO RacingがBEVのピュアスポーツ開発始動!!」と銘打って、トヨタがGRブランドでの本格的なBEVスポーツの開発をスタートしたという情報を入手。マツダとの協業も含めて核心に迫ります。

 注目のニューカー、まずは「モータースポーツから生まれた究極のホットハッチ」、あのGRカローラがついにお披露目。実車をバシバシと撮影、存分に写真で見せます。さらに、華麗にフルモデルチェンジしたレクサスRXにも迫ります。低く流麗なスポーティSUVに生まれ変わった新型RX、大公開です。

 そして7月10日号は特集が満載。まずは「長~く愛されるクルマとその理由」特集。デビューから4年経過しても安定して売れ続けている日本車の「そのワケ」を探ります。

 続く2つめは「クルマ界 ニッポン・ゲームチェンジャー列伝」特集。従来の流れや状況を一変させる強力な革命者を「ゲームチェンジャー」と言うが、歴代の国産車のなかでこれぞゲームチェンジャーというモデルをたっぷり探ります。

 3つめは「ビッグネーム車のターニングポイント」特集。長い期間販売され、人気を誇る日本のビッグネーム車。販売された歴史のなかで「分岐点(ターニングポイント)」となったのはいつか? なぜか? を迫っていきます。

 まだまだ特集はあります。「総括! 2022年の前半のクルマ界」特集、「高速道路120km/hテスト」特集など、読み切れないほど充実しています。ベストカー7月10日号は満足度120%間違いなし!

文/ベストカー編集部
写真/平野 学 ほか


■SCOOP「GAZOO RacingがBEVのピュアスポーツ開発始動!! さらにマツダ連携でRX-7後継モデルも誕生か!?」

 トヨタがGRブランドで「本格的なBEVスポーツ」の開発をスタートしているという情報を入手。レース&ラリーで牙を研ぎ、全固体電池を搭載する500馬力クラスのピュアスポーツだ。

 2021年12月14日に公開されたGRのコンパクトBEVスポーツとはかなり印象が異なり、「スープラのBEV版」というイメージ。2モーター4WDで開発がスタート。

 さらに、トヨタとマツダが手を組んだ協業として、かねてから噂されていたロータリーレンジエクステンダー搭載のEVモデルも開発中という情報も入ってきた。それがRX-7後継スポーツ。こちらも心がざわつくSCOOP情報です!

■注目NEW CAR デビュー!「トヨタGRカローラ&レクサス新型RX」

 今号の新車情報はトヨタからの2台。すでに公式発表ずみのGRカローラがついに姿を見せました。モータースポーツから生まれた究極のホットハッチで、クルマと対話しながら走りを楽しめる「野性味感」をさらに注入。

 RZグレードは今年の秋に発売開始で、もうひとつのグレード、モリゾウエディションは台数限定で冬から発売予定とのことです。

 そしてレクサス 新型RXも大公開! 「スピンドルボディ」をまとった低く流麗なスポーティSUVというスタイルで、リアが寝たクーペスタイルが特徴的です。

そして大注目は、RX500h Fスポーツパフォーマンスというグレードに、2.4Lターボ+1モーターの新開発ハイブリッドシステムを初採用したこと。これは読み逃せませんよ~。

次ページは : ■なぜ売れ続けているの?「長~く愛されるクルマとその理由」特集