次期型C-HRのSCOOP企画&新車6本立て特集! ベストカー10月10日号


6台の新車情報を一挙掲載。ベストカーだからこそできる、新車のシャワーだぁ!

究極の進化を遂げた新型シビックタイプRは純エンジン最後のタイプR!?

 今年は新モデルがかなり多い年ですが、まだまだ新モデルラッシュは秋も続きます。「秋到来 採れたて新車情報」というタイトルで展開する特集。登場するのは、ホンダシビックタイプR新車レポート、マツダCX-60試乗記、トヨタ新型シエンタレポート、トヨタ新型クラウン発売情報、スズキスペーシアベース新車レポート、シトロエンC5 Xの新車レポートという6モデル。

 特に少しずつ姿を見せていたホンダシビックタイプRは、今号でたっぷり紹介します。内燃機関タイプRの集大成と位置づけ、ホンダサイドも自信をもってお届けするシビックタイプR、その魅力を誌面を通じて感じてほしいです。

 さらに、超話題のトヨタ新型シエンタの魅力に迫り、商用車とは思えないスズキスペーシアベースの使い勝手にもじっくり迫ります!

ちょっと古いが新しい……。「平成レトロCAR」にスポットを当てる特集

名車の名をほしいままにしたインプレッサWRX STI

 今、Z世代(10代後半から20代中盤の世代)の間でジワリと盛り上がっているのが、平成レトロブーム。「少しだけ昔の感じがいい」というのが盛り上がりの理由らしいが、平成レトロと言われる1998~2008年頃のクルマ界やクルマにフォーカスする、という特集。

「1998~2008年頃の社会現象とクルマたち」を振り返るプロローグに始まり、適度なゆるさも最高だった「平成レトロな名車たち」を取り上げるコーナーへと続きます。

 ここではホンダHR-V、ホンダ初代インサイト、トヨタWiLL Vi、日産キューブキュービック、トヨタiQ……などなどが登場。懐かしい~です。

 さらには「排ガス規制が命運を左右した、平成レトロカーの分岐点」のコーナーでは、スカイラインGT-R(R34)やA80型スープラ、ホンダ初代NSXなどのスポーツモデルが総登場。3名の自動車評論家のそれぞれの視点がおもしろい、「平成レトロカーにあって今のクルマにないものは?」というコーナーも読みごたえあり、です。

「再評価したい日本車」が24台もあるんです!

再評価したいクルマがいっぱい!!

 登場した時はあまり注目されず、評価がイマイチだった日本車。でも、その後、一部改良やモデル追加、市場の変化などで、「改めて今思うと、このクルマ、いいかも!」というクルマは結構あったりします。

 そんな現行日本車たちにスポットを当てる特集です。

 パート1は「自動車評論家・渡辺陽一郎氏が再評価する4台」ということで、トヨタカムリ、レクサスUX、ホンダシビック、日産キックスという一部改良やモデル追加などで評価が最近上がっているこれら4台をじっくりチェック。

 パート2は「自動車評論家3名が厳選する、今再評価したい日本車3台」。ダイハツロッキー/トヨタライズ、日産リーフ、ホンダフィットなどのモデルが挙がり、再評価のポイントをわかりやすく述べています。

 そして、パート3は「ベストカー編集部が推したい7台」。ベストカー編集部員が悩みに悩んで選んだ、「これ再評価すべき」という現行国産車7台を一気に見せます。

好評シリーズ企画「BC編集部員+αがよってたかって評価する」。今回はヒョンデIONIQ5です

IONIQ5のポテンシャルは相当なレベルで日本車EVにとって脅威

 クルマに対する評価や思いは人それぞれ。よってたかっていろんな視点で一台のクルマを評価すれば、「深みが出て、おもしろい企画になるはず!」ということで、自動車評論家とベストカー(BC)編集部員がググイと評価する企画、今号で久しぶりにやります!

 今回は、2名の自動車評論家と9名のベストカー編集部員が、話題の韓国産のEV、ヒョンデIONIQ5を試します。

 ハッチバック的スタイルだけど、全長4635mm、全幅1890mm……とデカい! 上質な室内、EVならではのパワフル走行、一充電走行距離は577kmという概要のクルマで、気になる価格は589万円。

 そして、2名の自動車評論家と9名のベストカー編集部員が実際に乗って試しました~! 各自の評価はどんな感じか? 答えはベストカー10月10日号にあります!

10月10日号目次

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ