直6ターボの次期スープラに心震え「ChatGPT vs.自動車評論家」に笑う! ベストカー5月26日号

直6ターボの次期スープラに心震え「ChatGPT vs.自動車評論家」に笑う! ベストカー5月26日号

 イヤッホ~!! ゴールデンウイークに突入じゃ~。その浮き立つ気分のままに発売中の「ベストカー5月26日号」、ワクワクしながら読んでほしいです!

 まずはこの企画はぜひとも読んでほしい「ChatGPT vs. 自動車評論家」。なにかと話題のChatGPTに、クルマに関する質問をぶつけてみたら自動車評論家を超える素晴らしい答えが返ってくるか? という奇想天外な内容。

 例えば「トヨタ、日産、ホンダの特徴について教えてください」や「GRスープラの長所と短所は?」などといった質問。果たしてChatGPT(AI)は自動車評論家(人類)を超える、心打つ答えを返せるのか!?

 カラー特集はベストカー史上初の試みをお届け! 名付けて「BCフェスタ2023」。誌面上でフェスタ(お祭り)をやってしまおう! ということで、いくつかのパビリオンを設けて、各種イベントを開催します。「SCOOP新車展示会」や「もう一度見たい あのコンセプトカー館」、「ベストカーゼロヨン史館」など、ベストカーらしいイベントを堪能できる特集になっています。

 なんと、次期スープラは直6ターボもあるんです! という湧き立つ情報が掲載されているのが、ベストカー十八番のSCOOP特集。次期スープラはBEVのみで登場すると本誌では伝えてきましたが、新たに入手した情報では「直6ターボも生き残る!」。

 こんな方針転換なら大歓迎~。ということで、本誌SCOOP班がつかんだ次期スープラの姿を誌面で紹介しています。スープラファンは感涙間違いなし!

 そのほかの企画も盛りだくさんです。「激売れハイブリッドの実燃費」特集はクラウン、プリウス、エクストレイル、ZR-Vという激売れ&期待度高いハイブリッドモデルをそろえ、実燃費テストを実施。実燃費ではどれが実力を発揮するのか? 誌面でチェックしてくださいませ。

「国産メーカー別 美デザイン」特集は、デザインに一家言持つ自動車評論家・清水草一氏が、国産メーカー別に美しいデザイン&格好いいデザインのクルマをランキング形式で取り上げていきます。

 さらには、写真とともにわかりやすく見せる「21世紀に消滅した日本のセダン」企画と、「スズキ登録車だけ列伝」企画という2本立てや、女優・水川あさみさんが登場した「三菱デリカミニ発表会レポート」など企画が盛りだくさん。ベストカーの「濃さ」をご確認ください!

文/ベストカー編集部
写真/平野 学 ほか

やってもうた~、この企画。「最新AI」と「ベテラン評論家」の熱き戦い!? ChatGPT vs. 自動車評論家

編集担当の想像ですが、2分もかからずなんでも答えるChatGPTを姿にすればこんな感じ……かな? 自動車評論家以上の解析力と文章力を見せてもらおうじゃないか!
編集担当の想像ですが、2分もかからずなんでも答えるChatGPTを姿にすればこんな感じ……かな? 自動車評論家以上の解析力と文章力を見せてもらおうじゃないか!

 あっという間に世間の関心事になったChatGPT。アメリカ発の人工知能チャットボットのことで、人(ユーザー)の質問に対してAIが2分もかからずに回答してくれるモノ。で、これがなかなかのお利口さん。

 では、クルマに関することを質問するとChatGPTはどんな回答をしてくるのか。その内容はベテラン自動車評論家を凌ぐものか? ということで、この企画。

 3名の自動車評論家とChatGPTに同じ質問をして、ChatGPT(AI)の実力とやらをみてみようじゃないか、というワケ。「トヨタ、日産、ホンダの特徴について教えてください」や「今買うべき日本車トップ10を挙げてください」といった質問をどんとこ投げかけました。

 せっかくだから「ベストカーがもっと売れる雑誌になるためにはどうすればいいですか?」という質問も。ChatGPTからどんな答えが返ってきたのか~。気になりますね。一番気になるのはベストカー編集部員ですけど(笑)。

次ページは : ベストカー誌上でお祭りを開催しちゃいます! 「BCフェスタ2023」。盛り上がってますよ~

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!