※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

テスラ 2021インパクトレポート翻訳版を公開

配信元:PRTIMES

テスラモーターズ ジャパン

 持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速させているのかについてまとめたインパクトレポート日本語版を2022年7月27日に公開しました。

 持続可能なエネルギーへ世界のシフトを加速すること、それがTeslaの存在目的です。

 Teslaがどのようにして、持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速させているのかについて年次ベースでまとめたインパクトレポートの翻訳版を公開しました。

ウェブサイト
https://www.tesla.com/ja_jp/impact

2021インパクトレポート
https://www.tesla.com/ns_videos/2021-tesla-impact-report_jp.pdf

 Teslaでは、持続可能なエネルギーへ世界のシフトを加速するというミッションに関連するすべての指標において、ベストを尽くすことを目指します。Teslaのインパクトを最大化するために、引き続き製造量を増やし、製品を入手しやすくする予定です。

 具体的には、2030年までに電気自動車を年間2,000万台(2021年は94万台)販売するとともに、年間1,500 GWhの蓄電池(2021年は4 GWh)を設置することを目指しています。

 このような納車台数のマイルストーンを一貫した成長率で達成すれば、2030年までにTesla車両の総台数は数千万台を超え、その車両1台1台が使用されるたびに、何トンものCO2e排出を削減することが可能です。

 さらに、Teslaが生産する各製品は、製造から消費者による利用、リサイクルに至るライフサイクルの各段階で、継続的に改善されなければなりません。

 また、製品の製造時に使用されるエネルギーや水、お客様と従業員の安全性、そして製品の手頃な価格と入手しやすさなど、あらゆる指標を改善する必要があります。今年のインパクトレポートでは、これらの各テーマを取り上げます。

※本レポートは、英語版Impact Reportの翻訳版です。原書と本書との間で意味または文言に相違があった場合は、原書(英語版Impact Report)が優先されるものとします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000038481.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ