※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

福島県大熊町とFuture株式会社、脱炭素・交通ビジョン実現に向けて連携協定を締結

配信元:PRTIMES

フューチャーモビリティ

大熊町特定復興拠点区域内施設

 福島県大熊町(福島県双葉郡大熊町、町長:吉田淳)と次世代モビリティ及びプラットフォームの開発・販売を行うFuture 株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井原 慶子、以下「Future」)は、電動モビリティを活用した「大熊町ゼロカーボン交通まちづくりビジョン」の実現に向けて連携協定を締結しました。

大熊インキュベーションセンター開所式

 本協定は、特定復興再生拠点区域内にオープンした「大熊インキュベーションセンター」を拠点に、大熊町内の交通をはじめとする地域課題を解決する取組みに多方面で連携協力し、地域産業の活性化及び地域住民の生活の質向上を実現するゼロカーボンを復興の軸とした新しいまちづくりを推進してまいります。

大野小学校跡「大熊インキュベーションセンター」と電動バイク「GOGO!シェア」

大熊インキュベーションセンターでのでの試乗

 今年2月に大熊町住民を対象として行われた超小型モビリティ試乗会では、Futureの電動モビリティ「GOGO!シェア」などマイクロモビリティを活用した町内の回遊交通の実証が行われました。

Future井原CEOと坂田CMO

  Futureは、本協定締結を機に、超小型モビリティを活用した環境に優しく災害に強い持続可能な交通網・まちづくりを推進してまいります。

 また、大熊インキュベーションセンター内に入居した脱炭素、防災、移住支援、IT(情報技術)関連など様々な分野のスタートアップ企業と連携し、次世代電動モビリティプラットフォームを通じた地域課題の解決、脱炭素化社会実現、SDGs達成を目指します。

 

大野小学校跡「大熊インキュベーションセンター」

大熊インキュベーションセンター内コワーキングスペース

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000071808.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ