【画像ギャラリー】日本発売熱望! 新型クロスオーバー ダットサンクロスと各国で販売中のダットサン車

元記事に戻る 業績低迷の今の日産を救うのはコイツかも! 粋な3列シートクロスオーバー「ダットサンクロス」

 多くのメーカーは新興国専用モデルを開発するようになったが、日産がロシアやインド、インドネシアなど成長の著しい地域で展開するダットサンブランドもそのひとつ。これまでの主要モデルは左の4車種で、いずれも低価格のコンパクトカー。

 2013年にダットサン ブランドが復活したときに最初に投入されたのがGOで、主にインド向けだったが、同年にはMPVのGO+もインドネシアに投入されている。

 どちらもプラットフォームはマーチなどと共通のVプラットフォーム。そんなダットサンについ最近動きがあった。

 redi-GOのティーザー画像が発表されたのだ。redi-GOは2014年に発表されたコンセプトモデル。市販車がいよいよ登場か。

ダットサンブランド第1号車GO。2013年7月、インドにてワールドプレミア。エンジンはHR12DE型1.2L、直3。ボディサイズは全長3785×全幅1635×全高1485mm
GOのMPV版GO+。全長3995×全幅1635×全高1485mm

セダンボディのon-DO。2014年発表、ロシア国内専売車。アウトヴァーズのFFセダン、ラーダグランタのメカニズムを流用。ボディサイズは全長4377×全幅1700×全高1500mの
小型5ドアハッチバックのmi-DO。2014年モスクワモーターショーで初公開。アウトヴァーズのFFハッチバック、ラーダ・カリーナをベースとし、開発はカリーナのメカニズムを流用しつつ、アフトヴァ―スが担当。1.6L、直4エンジンを搭載
2020年4月に公開されたredi-GOのティザー広告
2014年に発表されたredi-GOコンセプトモデル

元記事に戻る 業績低迷の今の日産を救うのはコイツかも! 粋な3列シートクロスオーバー「ダットサンクロス」