旧車への重課税やガソリンの二重課税はおかしい! クルマの税金は高すぎる!!

 毎年、春になると、自動車税と軽自動車税(2019年(令和元年)10月より「自動車税種別割」と名称変更)の通知が来ます。所得や消費に見合った税金を支払うのは国民の義務ではあるものの、自動車ユーザーに対する税金は高いです。高すぎます。

 理屈が通っていれば文句も愚痴も慎みますが、現状の日本のクルマの税金は理不尽だし矛盾だらけ。本稿では「いくらなんでもこれは理屈が通ってないぞ」という点を指摘させていただきます!

文/渡辺陽一郎 画像/Adobe Stock(メイン写真=kudoh@AdobeStock)

【画像ギャラリー】新車登録から13年経過で増税! 13年前に登場した新型車をチェック


■重課税の上乗せ問題

 クルマ関連の税金は問題だらけ。特に古いクルマの税額を増やす重課税は、即座に撤廃すべきだ。

 「重課税」は、毎年納める自動車税と、車検を受ける時に納める重量税の両方で実施されている。

日本と欧米諸国の自動車税負担の比較。日本は買った後の税負担がネックである。 出典:自工会

 自動車税の場合、2019年9月30日までに新規登録されたエンジン排気量が1001~1500ccの自家用乗用車であれば、通常の税額は年額3万4500円だ。それが新規登録から13年以上になると、3万9600円に増税される。比率に換算すれば15%の上乗せだ。

 1501~2000ccも同様に15%の上乗せで、3万9500円が4万5400円に高まる。2001~2500ccであれば、4万5000円が5万1700円に増税される。

現在の自動車税区分 ※令和元年9月30日以前に初回新規登録を受けた車 作成:編集部

 軽自動車税の場合は、2015年3月31日までに新規届け出された自家用軽乗用車であれば、税額は年額7200円だ。2015年4月1日以降の新規届け出なら年額1万800円になる。

 これが13年以上になると、年額1万2900円に高まる。比率に換算すると、2015年3月31日までに新規届け出された軽乗用車については、79%の上乗せで大幅な増税になってしまう。4月1日以降の新規届け出でも19%増える。

■自動車重量税は2段階で増税

 いっぽう自動車重量税は、新規登録から13年以上、さらに18年以上の2段階で増税される。自動車重量税は、自家用乗用車であれば、継続車検の時に2年分を納める。

 いわゆるエコカーを除いた「当分間税率」適用車の場合、車両重量が1001~1500kgの車種であれば、2年間の自動車重量税は2万4600円だ。これが新規登録から13年以上になると3万4200円に高まり、18年以上は3万7800円に増税される。13年以下の2万4600円を基準にすると、13年以上は39%の上乗せで、18年以上になると54%高まる。

 軽自動車の自動車重量税は「当分間税率」が適用される自家用軽乗用車の場合、2年分は6600円だ。これが新規届け出から13年以上になると8200円、18年以上は8800円に高まる。比率に換算すると13年以上は24%、18年以上は33%の上乗せだ。

次ページは : ■古いクルマの重課税は福祉とモノを大切にという考えに反している

関連記事

威張り度はレクサス以上! 中古の新世代キャデラックが狙い目!!

エゾユキウサギ繁殖中。パートナー争奪戦はめちゃくちゃ過酷です!

「高空気圧=破裂しやすい」は間違い! 月イチ点検で気を付けたいタイヤの低空気圧

2020年度軽乗用車販売で6年ぶりトップ!! 今スズキがダイハツより売れている理由は?