ノーマルタイヤと同じでいい!? 意外に知らないスタッドレスタイヤの空気圧の真実


■気を付けたいタイヤの規格による空気圧の違い

 それからもうひとつ。タイヤが大径化したことで注意が必要になってきたのがレインフォースド(RFD)タイヤやエクストラロード(XL)タイヤです。

 RFD、XLタイヤ(以下XL)は、呼び方は違いますが同じものです。タイヤ内部の構造を強化することでスタンダード規格のタイヤと比べ同じサイズでも高い負荷能力を備えているのが特徴です。

インチアップした場合、低扁平になりXL規格のタイヤになりがち。標準の空気圧設定だと空気圧不足になり高速道路でバーストする可能性が高くなる

 例えば、スタンダードの215/45R17 87Wに対して、XLは215/45R17 91Wとなります。タイヤが17、18、19と大径化し、これに伴ってタイヤの偏平率が45,40、35と高くなっていくと、インチアップしたときにロードインデックスが不足するケースが出てきます。XL規格はこれに対応したものです。

 XLは欧州タイヤ規格であるETORTOのXL規格に沿って作られたものです。日本のJATMA規格の空気圧充填範囲が180~240kPa(一部サイズは~250kPa)であるのに対して、ETORTOのスタンダード規格は170~250kPa、XL規格は200~290kPaになっています。

 負荷能力は、タイヤの持つロードインデックス(荷重指数)と充填する空気量で決まります。例に挙げたスタンダードタイヤの215/45R17 87Wを、XLの215/45R17 91Wに履き替える場合、スタンダードタイヤの指定空気圧が230kPaなら、スタンダードタイヤの負荷能力を満たす場合XLは240kPa充填する必要があります。

 これはタイヤメーカーのHPに、ETORTO規格の対応表があるので参照するのが手っ取り早い方法です。 ちょっと面倒な気がするかもしれませんが、タイヤサイズによっては純正サイズにスタンダード規格とETORTOのXL規格が混在することがあります。またスタッドレスタイヤにXL規格の設定しかない場合があるので、その際は空気圧の設定を調整する必要があります。

【画像ギャラリー】今年の寒波はハンパない!! スタッドレスタイヤを知って用心しよう!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ