【SX4、RVR、アルティス、ディアス…】 売れてないけどいい車 12選

 ノートe-POWER、5205台。アクア、9050台。そしてN-BOX、1万6807台。いずれも2018年12月の新車販売台数だ。売れている。そして、売れているクルマがあるということは、売れてないクルマがある、ということでもある。

 たとえば、今回紹介するクルマたち12台の販売台数(2018年12月)は合計304台だ。平均ではない、合計である。しかし、販売不振=「ダメなクルマ」「よくないクルマ」ではない。「実は確かな魅力を秘めたクルマ」もたくさんあるのだ。

 新型車が矢継ぎ早に出てきて、一部のセンセーショナルなクルマにだけ過剰にスポットが当たる時代だけど、だからといってせっかく一生懸命に作られたいいクルマが埋もれていくのはあまりにももったいない。

 ここでは、販売的には低迷しているものの、なかなかどうして魅力的じゃないの! というクルマを紹介してみたい。応援よろしくです。

※本稿は2019年1月のものです。本企画で紹介している販売台数データは2018年12月の単月データです。
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年2月10日号


■ダイハツ アルティス(2018年12月月販台数 6台)

●さすがグローバルセダン・カムリのOEM。走りもクオリティも超一流!

 トヨタカムリのOEM車。世界へ送り出すグローバルセダンだけにプラットフォームやパワートレーンは最新で、日本国内は2.5Lのハイブリッドのみ。デザインはアメリカのCALTYによるもの。それゆえにパッと見、かなり大胆なデザイン。

●価格:353万1600円(ワングレード)。パワーユニットは2.5Lハイブリッドの1種類。

■スズキ SX4 Sクロス(2018年12月月販台数 44台)

●ほとんど知られてないのが勿体ない!! ガンガン使いまわしたい人のための万能SUV。

 2012年のパリショーでデビューしたコンセプトモデルの量産バージョン。売りは多彩なアクティビティを楽しめるように室内スペースの拡大と使いやすさのアップ、進化した4WDオールグリップの搭載、クラストップの低CO2排出量となっている。

●価格:206万2800~227万8800円。パワーユニットは1.6L NAの1種類。

■ダイハツ メビウス(2018年12月月販台数 5台)

●プラットフォームはちょっと古め、でも使い勝手はプリウス以上。

 こちらもトヨタからのOEM車。兄弟はプリウスα。2017年11月のマイチェンでトヨタセーフティセンスPを全車に標準装備した。プリウスファミリーの一員だが、プラットフォームは3代目プリウスのものを使いホイールベースを80mm伸ばしている。

●価格:256万5000~301万7520円。パワーユニットは1.8Lハイブリッドの1種類。

■三菱 デリカD:3(2018年12月販売台数 8台)

●日産NV200 バネットのOEM車。見よ! この“道具感”!

 日産NV200バネットのOEM車。ただフロントにVラインはなく、OEM車には見えない。際立ったところはないが、このクルマの魅力はなんといっても“道具感”。たくさん詰めて丈夫で長持ち。クルマはこれで充分でしょう。

●価格:200万8800~210万6000円。パワーユニットは1.6L NAの1種類。

■スバル ディアスワゴン(2018年12月販売台数 28台)

●1BOXスタイルは収納力バツグン!! 安全性もアップ。

 ダイハツからOEM供給を受けるモデル。2017年にマイチェンを受けたアトレー同様にこちらも仕様変更を受けた。変更はスマートアシスト3、エコアイドルなどを標準装備。またフロントフェイスのデザインも変更を受け、テールランプもLED化された。

●価格:156万600~181万4400円。パワーユニットは0.66Lターボの1種類。

■三菱 RVR(2018年12月販売台数 62台)

●9年目を迎え熟成完了! 先進の安全装備も見逃せない。

※写真は現行型

 三菱のコンパクトSUV。登場から9年を迎えるが、最新モデルはバージョンアップされ、自動緊急ブレーキやオートマチックハイビーム、車線逸脱警報などが標準装備され安全性能が向上。オプションで後方車両検知システムも選択可能。エンジンは139ps。ちなみに先日(2月12日)発表されたばかりの新型は日本でも2019年中頃には正式発表、発売と目されている。さらなる充実で捲土重来なるか。

●価格:210万4920~254万1240円。パワーユニットは1.8L NAの1種類。

■三菱 iMiEV(2018年12月販売台数 9台)

●年々改良を重ねる三菱のEV。昨年白ナンバーに。

 昨今のEVブームの先駆けとなったアイミーブ。登場は2009年ながら、年々改良を受け、安全装備の充実や、バッテリー容量のアップなど各部において確実に進化している。2018年4月のマイチェンでは、バッテリー容量16.0kWhの「X」のみとなり、ついにボディ拡大。

●価格:294万8400円(ワングレード)。パワーユニットは47kW(64ps)のモーター。

■日産 フェアレディZ(2018年12月販売台数 36台)

●390万円ちょいで本物の走りが味わえる、日本を代表するスーパースポーツ。

 GT-Rの存在で霞んでしまっているように見えるZだが、本来日本を代表するスポーツモデル。3.7LのV6エンジンも軽快に回るし、走りは豪快かつ爽快。また細かいところもバージョンアップしているので熟成されている。390万円ちょっとで買えるぞ!

●価格:390万7440~640万1160円。エンジンは3.7LのNAのみだが、NISMOバージョンあり。

■日産 フーガ ハイブリッド(2018年12月販売台数 23台)

●本気を出せばスポーツカーにもクラウンにも負けない日産の上級モデル。

 フーガは日産の上級モデル。そのなかでも人気のハイブリッドモデルは侮れない存在。発進はモーターが担当し、スピードが上がるとエンジンが目を覚まし1,860kgのボディーをグイグイ引っ張る。特に「SPORT」にすると速さは一段と凄くなる。

●価格:522万9360~683万5320円。パワーユニットは3.5Lハイブリッドの1種類。

■日産 シーマ(2018年12月販売台数 14台)

●日産のフラッグシップモデル。豪華な内装はセンチュリーにも劣っていない。

 フーガと同じく3.5Lのエンジンとモーターの組み合わせ。しかもWクラッチで、エンジンとモーターをシームレスに使い分けることができる。なのでほかのハイブリッドのようにいかにもハイブリッドっていう感覚ではなく大排気量車に優雅に乗っている感じ。

●価格:794万6640~902万6640円。パワーユニットは3.5Lハイブリッドの1種類。

■三菱 パジェロ(2018年12月販売台数 48台)

●日本を代表するクロカン4WDといえばやっぱりコレ。

 SUVなんて言葉がなかった頃、一世を風靡した本格クロカンの最新モデル。現行モデルは従来のラダーフレーム構造を進化させたラダーフレームビルトインボディを持つ。4WD機構の制御や、デフのコントロールなど、ヨンクを知り尽くした三菱の自信作。

●価格:339万1200~495万1800円。パワーユニットは3L NAと3.2Lディーゼルターボの2種類。

■マツダ アクセラハイブリッド(2018年12月販売台数 21台)

●ハイブリッドシステムはプリウス製。新型発表でどうなる?

※写真は現行型

 LAショーですでに新型がデビューしたけど、現在市販されているアクセラハイブリッドは登場からすでに5年目。搭載されるハイブリッドのパワートレーンはトヨタから供給されるもので、プリウスよりも大きい2Lエンジンを組み合わせる。

●価格:250万5600~287万9000円。パワーユニットは2Lハイブリッドの1種類。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ