【画像ギャラリー】気を付けろ! 冬場に頻発するトラブルTOP10

JAFの救援出動回数1位はバッテリー上がり!

元記事に戻る【ハイブリッド車でも必要!?】暖機運転をやるべきか?

年末年始で出動が一番多かったバッテリー上がり。みなさんのクルマのバッテリーは大丈夫ですか?

 2018年12月26~2019年1月6日の年末年始に出動したJAFの主な理由をまとめたものが下の表。

 1位はバッテリー上がり(過放電バッテリー)、2位はタイヤのパンクなど、3位は破損&レッカーバッテリーだった。

■JAFを呼ぶには!? 救援費用はいくらかかる?

 自動車保険の付帯ロードサービスなどに加入している場合はそちらの利用も考えたいが、そうでない場合はJAFに救援要請をする場合がほとんどだろう。まずJAFには電話連絡をしたい。

 電話番号は全国共通のナビダイヤルで【TEL:0570-00-8139】だ。ナビダイヤルで繋がりにくい場合はJAFのページから各地域の連絡先を探してほしい。

 現在の状況、自動車の車種名、連絡先などを伝えればあとは安全な場所で救援を待つのみ。早ければ30分ほどで到着してくれるが、混雑時は数時間待ちなんてこともあるが致し方ない。

 また意外に知られていないが救援は「予約」もできる。例えば翌朝7時に出発するのに、前夜にバッテリー上がりを復旧させても翌朝にまた救援を依頼することになる。

 そんな時はアプリもしくは電話で予約をお願いすることも可能。ただし救援件数の増加などでスケジュール通りにいかないこともあるから要注意だ。

 料金については会員なら無料(バッテリー自体の交換が必要な場合はバッテリー代金の実費がかかる)。非会員の場合は基本料8230円+作業料4650円の合計1万2880円(夜間は1万4940円)。カード払いも可能だ。

 JAFの年会費は4000円とたしかに安くはないが一度救援を呼べばザックリ計算でも3年分の年会費の元が取れる。

 救援と同時に加入しても救援費用はかかってしまうので、新年早々お守り代わりとして入っておくのも吉かもしれない。

元記事に戻る【ハイブリッド車でも必要!?】暖機運転をやるべきか?

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ