【画像ギャラリー】全生産台数の約6割が残存し多くの人に愛され続けているビートを写真でチェック!

1991年5月~1996年12月 ホンダビートの詳細写真

元記事に戻る ヘルメットのいらない軽のホンダF1 ホンダビートが欲しい!

■ホンダビート歴史年表
●1991年5月25日発表、発売は5月16日、月販目標台数は3000台
●1992年2月18日 特別仕様 バージョンFを限定800台発売
●1992年5月28日 特別仕様 バージョンCを限定500台発売
●1993年12月 独立3眼ブラックメーター、エクステリアにマッドガード、リアスポイラー、エキパイフィニッシャーなどを装備する特別仕様バージョンZを発売。以降カタログモデルとなる
●1995年10月 生産終了。総生産台数は3万3892台
●1996年12月 販売終了

●2011年10月25日 ホンダアクセスが発売20周年を記念したモデューロブランドのサスペンション、ギャザス(オーディオ)を発売
●2017年6月 一部純正部品の再生産・販売を開始。再開決定当初の対応パーツはわずか5ヵ所7点程度に限られたが、2020年5月現在、 予定も含めて109ヵ所までに範囲が広げられている

手動式のソフトトップ
簡素なコクピット
アニマル柄のシートも当時話題となった
軽自動車初のミドシップ2シーター、ホンダビート
特別仕様車べージョンF
特別仕様車バージョンC
特別仕様車バージョンZ
特別仕様車バージョンZ
現行ホンダS660

元記事に戻る ヘルメットのいらない軽のホンダF1 ホンダビートが欲しい!

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ