【画像ギャラリー】新型タフトとハスラー どっちがいい? 違いがわかる詳細写真

丸目の新型ハスラー、角目のタフトの詳細写真

元記事に戻る【新型ハスラー対7月上旬登場の新型タフト どっちが売れる?】2020年の熾烈な販売競争の行方

新型ハスラー。下の新型タフトとほぼ同じ角度で見比べてほしい
角目でハスラーよりもフォルムが角ばっていてよりSUVらしい
新型ハスラー/丸目ライトの形状はほぼそのままだが旧型より角ばったフォルムとなった
新型ハスラー/Cピラーの小窓がアクセント
新型ハスラー/アンダーガードやフォグランプ、樹脂製バンパーを備える
新型ハスラー/Aピラーの傾斜角が立っているのが特徴
新型はハスラー/盾形のテールランプがデザイン上の特徴
新型ハスラー/斬新なデザインのコクピット
新型ハスラー/頭上が高くフロントシートの座り心地もいい
新型ハスラー/リアシートの膝前スペースも充分
新型ハスラー/普通に使えば通常状態でもスーパーでの買い物などではリアシートを倒す必要がない
新型タフトコンセプト/1月の東京オートサロンで公開された
新型ハスラーコンセプト/ハスラーに比べ、直線的でワイルドな樹脂製バンパーが特徴
新型ハスラーコンセプト/角目ながらも愛嬌のあるヘッドライトと、SUVらしい4本のスリットが入ったメッキグリル
新型ハスラーコンセプト/ハスラーに比べるとAピラーが若干寝ている。リアサイドウインドウのフロント側のデザインも新鮮
新型ハスラーコンセプト/両サイドのテールランプをつなぐようなメッキのプレートも斬新
新型ハスラーコンセプト/オレンジのアクセントが入ったコクピット
新型ハスラーコンセプト/オフロードをイメージさせるデザインのスポーツシート
新型ハスラーコンセプト/身長180cmの担当が後席に座ると、膝前スペースはこぶし1個、頭上空間がこぶし1個入るスペース
新型ハスラーコンセプト/日常の使い勝手がよさそうなラゲッジルーム

元記事に戻る【新型ハスラー対7月上旬登場の新型タフト どっちが売れる?】2020年の熾烈な販売競争の行方

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ