【画像ギャラリー】日本車の至宝ピアッツァとアッソ・デ・フィオーリを写真でチェック!


元記事に戻る 誕生から約40年経っても色褪せないピアッツァは最後の購入チャンスか!?

※アッソ・デ・フィオーリの写真、文はベストカー2013年10月10日号より転載

■アッソ・デ・フィオーリ

ピアッツァのプロトタイプ、アッソ・デ・フィオーリ
一見すると市販型と同じに見える
エンジンフードの先端の形状やフロントグリルの段数(Assoは3段、ピアッツァは4段)などが異なっている
マフラーの突出し位置(Assoは右、ピアッツァは左)も違う
前方に突き進むような鋭いプロポーションとウェッジシェイプのいっぽうでリア回りは曲面と曲線で構成。ボディサイズは全長4195×全幅1620×全高1278mm。ホイールベースは2405mm

■アッソ・デ・フィオーリとピアッツァの違い

アッソ・デ・フィオーリ。 まずボディパネルがひとつも同じものがない。ボディサイズはAssoがピアッツァに比べ、全長が115mm短く、全幅が35mm狭く、全高が22mm低くホイールベースも35mm短い(2405mm)
フロントウィンドウの傾斜角がAssoが24度、ピアッツァ28度。さらにリアハッチ傾斜角/エンジンフードの先端の形状/フロントグリルの段数(Assoは3段、ピアッツァは4段)/ドアノブ形状/ウインカー/ホイールアーチ/フロントバンパー/マフラーの突出し位置(Assoは右、ピアッツァは左)など、見た目は同じに見えるが大きく異なっている
いすゞ藤沢工場のテストコースで走行試験を行なった時の写真が残っていた。現在もレストア後のため走ることはできるがなかなか走行シーンは拝めない
鋭い眼光とノーズの低いフロントに対し、リア回りは丸く、柔和な印象。日本メルバー社が製作した5.5J×13インチのアルミホイールに195/70R13インチのタイヤが装着されている
分解されオーバーホールされたジェミニZZ用のG180型1.8L、直4DOHCエンジンを搭載している
中央のガーニッシュにはITAL DESIGN、ISUZU assoのロゴがある
ASSOのコクピット
ASSOのコクピット
ASSOのコクピットはエアコンやラジオを含む計器類の操作は左右のサテライトスイッチに完全に集中させるという考え方
ウインカーは上下に倒す小さなレバーが付いているスイッチで、ステアリングから手を離さずに操作できる。 インテリアの仕上げはショーカー兼用のプロトタイプだけにレザーの特質を生かしたラグジュアリーさが漂う。後部のラゲッジシェルフも豪華仕様
アッソ・デ・フィオーリ発表当時のコクピット

次ページは : ■1999〜2001年にレストアが行なわれた当時の写真

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ