【画像ギャラリー】社外製軽量アルミホイールを純正装着しているクルマ

GRヤリス、シビックタイプR、コペンGRスポーツ、GT-R NISMOほか

元記事に戻る【クルマのホイールを換えるとどうなる?】何かいいことはあるのか?

BBS製8J×18インチアルミ鍛造ホイール+225/40R18タイヤを採用するGRヤリス
2020年夏に発売予定のマイナーチェンジ版シビックタイプR。サンライトイエローIIのリミテッドエディションは国内限定200台。1本あたり2.5kg軽量化されたBBS製アルミ鍛造20インチホイール+245/30ZR20タイヤを装着
リミテッドエディションにはミシュランパイロットスポーツカップ2、タイプRの標準車にはコンチネンタルスポーツコンタクト6を装着
BBS製4.5J×16インチアルミ鍛造ホイール+165/50R16タイヤを採用するコペンGRスポーツ
RAYS製20インチ鍛造アルミホイールを採用するGT-R NISMO。フロントが10J×20インチ+225/40ZR20タイヤ、リアが10.5J×20インチ+285/35ZR20タイヤ
RAYS製アルミ鍛造ホイール、7×16インチ+195/50R16タイヤを採用するロードスター30周年記念車
限定555台が完売したWRX STI EJ20ファイナルエディション
EJ20ファイナルエディションにはゴールドのBBS製8.5J×19インチ鍛造アルミホイール+245/35R19タイヤが装着されている
WRX STIタイプRA-RはSTI製BBS8.5J×18+245/40R18タイヤを装着
RA-Rに装着されるタイヤはミシュランパイロットスポーツ4S

元記事に戻る【クルマのホイールを換えるとどうなる?】何かいいことはあるのか?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ