【ライズ、ハスラー、マツダ2…】 掴んだぞ2020年重要新車戦略!!


 トヨタの新型3列シートSUV、ダイハツ テリオス・テリオスキッド、マツダ2など、来年に向けて動き出したSUVたちの話題が届いた。トヨタの新型SUVライズ絶好調の報とともに詳しく解説。

 スズキのハスラープレキャンペーン、ホンダの低金利クレジットなどのキャンペーン情報もお届け!

【画像ギャラリー】RAV4Prime、ライズ…期待の新型モデルたちの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号


■トヨタの3列シートSUVはRAV4、次期型ハリアー、それとも新規モデルか?

 トヨタが現在、SUVラインナップで唯一参画していないのはミディアムクラスの3列シートSUVとなっています。かつて3列シートSUVはヴァンガードなどが存在していましたが、当時は需要が少なくモデル廃止とした経緯があります。

 ところが最近はマツダCX-8をはじめ、日産エクストレイルやホンダCR-Vにも3列シート仕様が設定されていて人気を集めています。そのため、トヨタも3列シートSUVを近く復活させることが濃厚になっています。

 この場合、全長を伸ばした新規モデルになるか、RAV4や次期型ハリアーのラインナップに追加設定するのか、いずれかを選択することになりそうです。これによってトヨタはコンパクトクラスからラグジュアリークラスまでのSUVフルラインナップが完成することになります。

トヨタはミディアムクラスの3列シートSUVを発売する可能性が高く、RAV4や次期型ハリアーの追加仕様、または新規モデルでの登場となりそう(写真はRAV4のプラグインハイブリッド車「RAV4 Prime」)

■トヨタの新小型SUV、ライズが絶好調の滑り出し

 トヨタがダイハツからのOEM供給で発売した新型コンパクトSUV「ライズ」の売れゆきが絶好調の滑り出しを見せています。11月下旬現在の納期は約2カ月待ちの来年1月下旬で、生産が間に合わない状況になっているのです。

 今のところの受注構成比では、ほとんどが最上級の「Z」グレードに受注が集中しています。支払い方法の半分以上は残価設定クレジットであり、3年後51%、5年後は35%の残価率、実質年利は4%の設定で売り出している販売店が多くなっています。

 最初からトヨタ4系列店で併売されていて、先行予約開始後1カ月の受注累計台数は1万台を突破した模様です。スタート時の勢いではC-HRを超える可能性もあります。

ダイハツからのOEM供給で発売されたトヨタの新型コンパクトSUVであるライズが好調に売れていて、納期が2カ月待ちとなっている

次ページは : ■スズキ 新型ハスラーのプレキャンペーンがスタート

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ