【1990年代席捲!!】 サンバーディアスクラシック、ヴィヴィオビストロ… レトロカーブームを彩った絶版車たち

 1991年3月のバブル崩壊以降、それまでのパイクカー人気を引き継ぐような形で、レトロ調のデザインを取り入れた軽自動車のブームが勃興する。

 パイクカーシリーズは日産の手によるものだが、このレトロブームを切り開いたのはまちがいなくスバルだ。長崎のハウステンボス向けに製作されたサンバーディアスクラシックを始めとし、そのコンセプトを採用したヴィヴィオビストロがヒット。それを見た他メーカーも追随し、多くのモデルが登場した。

 いずれのモデルも「丸目」ヘッドライトを採用しており、見た目にもかわいいというのが共通点。

 そんなレトロブームを駆け抜けたクルマたちをご紹介。

【画像ギャラリー】元のクルマがまるでわからないモデルも!! レトロカーブームに現れたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:ベストカー編集部/車両解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■スバル サンバーディアスクラシック(1993年)

 もともとは長崎県のハウステンボス内で使うクルマとして作られ、東京モーターショーへ出展したところ好評だったため、市販化された元祖近代レトロカー。

1990年代の軽自動車におけるレトロカーのさきがけとなった

■スバル ヴィヴィオビストロ(1995年)

 1995年の東京モーターショー出展直後に市販化。英国のバンデンプラプリンセスを思わせるグリルに加え、木目パネルなども装備。

1995年11月に追加されたスバル ヴィヴィオの派生モデル「ビストロ」シリーズ。女性受けがよく瞬く間にヴィヴィオの人気仕様になった

■ダイハツ ミラクラシック(1997年)

 4代目ミラに設定されたレトロカー。外観のみならずウッドステアリングにスエード調シート表皮など、温かみのある内装を特徴とした。

後のミラジーノの源流となった

■スズキ セルボC(1995年)

 織田裕二のCMのイメージが強い、「モード」のサブネームを持つ4代目セルボに加わった軽レトロ。シートは革製だった。

ビストロのデビュー後すかさず追加された4代目セルボ(モード)のクラシック仕様

■三菱 パジェロJr.フライングパグ(1997年)

 パジェロミニを拡大したパジェロJr.のレトロカー。1000台限定だったこともあり、一見してパジェロJr.とわからないほど手が加えられていた。

三菱のかつての販売チャネル・カープラザの20周年記念限定車種として発売されたパジェロジュニア・フライングパグ。クラシック調の外見と木目調のセンターパネルの内装をもつ

■トヨタ トヨタ・クラシック(1996年)

 トヨタの市販車生産60周年を記念したモデルで、トヨタ初の市販車となったトヨダAA型を忠実に再現。ベースは当時のハイラックス。

多くが手作業による生産工程のため、価格は800万円。お高い。上のフライングパグと同じくらい元車種の判別が難しいほどに大幅に手が入れられている

■三菱 ミニカタウンビー(1997年)

 7代目ミニカに追加。メッキグリルや木目パネルでレトロ化され、出目金ヘッドライトが目立つタウンビーII(写真)もあった。

ボンネットフードから大きくはみ出した丸型大口径のヘッドランプが特徴。人によっては、かわいいと言えばかわいいと言えなくもないのかもしれない、きっと

【番外コラム】なんでもレトロ顔にすればいいワケでもなし

 丸目にすれば、たいてい「かわいい~♡」となるのだが、上手くいかなった例がある。それが写真のインプレッサ カサブランカ。1998年に5000台限定で発売された。

 なかなかのミスマッチぶりで迫力すら漂うが、なぜか翌1999年にカタログモデルに昇格した。

インプレッサスポーツワゴン1.5をベースに、当時流行していたレトロ調にしたカサブランカ

【画像ギャラリー】元のクルマがまるでわからないモデルも!! レトロカーブームに現れたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ