【1990年代席捲!!】 サンバーディアスクラシック、ヴィヴィオビストロ… レトロカーブームを彩った絶版車たち


 1991年3月のバブル崩壊以降、それまでのパイクカー人気を引き継ぐような形で、レトロ調のデザインを取り入れた軽自動車のブームが勃興する。

 パイクカーシリーズは日産の手によるものだが、このレトロブームを切り開いたのはまちがいなくスバルだ。長崎のハウステンボス向けに製作されたサンバーディアスクラシックを始めとし、そのコンセプトを採用したヴィヴィオビストロがヒット。それを見た他メーカーも追随し、多くのモデルが登場した。

 いずれのモデルも「丸目」ヘッドライトを採用しており、見た目にもかわいいというのが共通点。

 そんなレトロブームを駆け抜けたクルマたちをご紹介。

【画像ギャラリー】元のクルマがまるでわからないモデルも!! レトロカーブームに現れたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:ベストカー編集部/車両解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■スバル サンバーディアスクラシック(1993年)

 もともとは長崎県のハウステンボス内で使うクルマとして作られ、東京モーターショーへ出展したところ好評だったため、市販化された元祖近代レトロカー。

1990年代の軽自動車におけるレトロカーのさきがけとなった

■スバル ヴィヴィオビストロ(1995年)

 1995年の東京モーターショー出展直後に市販化。英国のバンデンプラプリンセスを思わせるグリルに加え、木目パネルなども装備。

1995年11月に追加されたスバル ヴィヴィオの派生モデル「ビストロ」シリーズ。女性受けがよく瞬く間にヴィヴィオの人気仕様になった

次ページは : ■ダイハツ ミラクラシック(1997年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ