オペル復活! 2021年日本再上陸!! 日本導入予定&現行車 10選

■INSIGNIA

 GM傘下で開発されたクルマ。日本でも販売されていたベクトラの後継モデルにあたる。パワーユニットはガソリン、ディーゼル合わせて4機種用意されており、全長4897mmの堂々としたモデル。4ドアハッチバック、ワゴン、クロスオーバーモデルが用意される。

INSIGNIA SPORTS TOURER

■MOKKA X

 BセグメントのコンパクトSUV。パワーユニットは1.4Lターボ、1.6Lディーゼルが用意され、6速AT、6速マニュアルが組み合わされる。GM傘下であった2013年に開発された。なので日本への導入の可能性は低い。現地価格は約250万円~。

■KARL

 ADAMと並ぶオペルのエントリーモデル。パワーユニットは73psの1Lエコテックのみにして価格を抑えている。しかもギアも5速MTのみ。ちなみに現地価格は日本円で約165万円~。クロスオーバーモデルの「ROCK」もラインナップしている。

KARL ROCKS

*   *   *

 以上、本国ドイツで展開中の10車種を紹介してみた。2021年の再上陸を期待して待ちたい。

【画像ギャラリー】懐かしのオペル車、およびドイツ本国で発売されている乗用モデルラインナップをギャラリーでチェック!!!


新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!