【エスティマ、RVR…】売れてなくても、地味でも、古くたって「いい車」5選


 

売れない車や地味な車が大好きな当サイト。何度もそうした企画をお届けしてきたが、その気になって探すと「そういう(あまり表に出ないけどいい)車」がどんどん出てきて切ないやら嬉しいやら複雑な気分になっております。
さておき、あまり売れてなくても、地味でも、現行型が登場してからずいぶん時間がたっても、いい車はいい車なのです。
そんな「いい車のいいところ」を、ニッコリ笑ってバッサリ斬る、でお馴染みの自動車ジャーナリスト片岡英明氏に「いいところを教えてください!」と頼んでみました!
文:片岡英明

 

 


 

■ダイハツ キャスト 2015年9月現行型発売

軽自動車のファン層が広がったことに敏感に反応し、送り出したのがキャストだ。ボディタイプは1つだが、方向性の違う3つのタイプを用意し、ユーザーの好みに応じて選べるようにした。エクステリアは個性的なルックスだし、インテリアも若々しい。ボディカラーを豊富に揃え、2トーンも選べるから目立ちたがり屋だけでなくファッションにこだわる人にもいい買い物になる。実用性が高いことに加え、ムーヴをベースにしているから走りも悪くない。

専用サスペンションを採用するスポーツはその名のように軽快なハンドリングだ。最低地上高をアップしたアクティバは後席でも乗り心地がいい。先進安全装備も満足できるレベルにある。

■トヨタ エスティマ 2006年1月現行型発売

デビューから11年になるが、デザインは今も色褪せていない。センターメーターを採用したインパネも古くは見えない。2016年6月に大がかりなマイナーチェンジを行い、内外装のデザインだけでなくサスペンションやボディを強化した。キャビンは3列目でも不満のない広さだ。シートアレンジも多彩で、ロングスライドモードなら足元も広々としている。走りの実力もちょっぴりだが、よくなった。さすがに最新モデルと比べるとユルいが、おおらかな乗り味で、多人数乗車のときでもコントローラブルだ。また、ハイブリッド車は一世代前だが、街中や高速道路では扱いやすさが光る。もちろん、ガソリン車より燃費だっていい。

次ページは : ■スズキ SX4 S-CROSS 2015年2月現行型発売