北米ホンダHR-Vが電撃発表! シビックベースのSUV 日本発売は2022年10月!


 ホンダの米国法人であるアメリカン・ホンダモーターが新型HR-Vを現地時間4月4日に発表した。

 ただし、現在販売されている、日本ではヴェゼル、グローバルモデルではHR-Vと呼ばれているモデルとは別モノの北米市場向けのモデルで、ヴェゼルとCR-Vの中間に位置するサイズとなる。

 はたして新型HR-Vはどんなモデルなのか? 日本発売の可能性はあるのか?

文/柳川洋
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】初代HR-Vと新型HR-V! 日本では ZR-Vとして2022年10月に発売!(10枚)画像ギャラリー

■ヴェゼルの海外仕様HR-Vと違う、北米市場専用モデルの2代目HR₋V

シビックベースのSUV、新型HR-V(北米名)

 現行の北米仕様、2代目HR-Vはフィットと同じプラットフォームだったが、新型は11代目シビックがベースとなり、大型化され、カローラクロスに対抗すべく市場に送り出された。

 2021年アメリカで販売されたホンダ車は約131万台。そのうち、現行HR-Vは13.7万台、CR-Vは約36万台。CR-Vが大ヒットを続けるなかで、現行の北米HR-Vの販売がいまひとつだっただけに、今回のフルモデルチェンジしたHR-Vはホンダからするとかなり気合が入った意欲的なモデルとなっている。

 新型HR-Vのエクステリアデザインは、丸みを帯びたフロントグリル、少し長めのフロントフード、流れるようなルーフラインが特徴。

 11代目シビックをベースに、先代よりもより大きく、ホイールベースが長く、トレッドもワイドな形になってスポーティかつ若い世代にピッタリのクルマに仕上がっている。

 アメリカン・ホンダモーターの販売担当者は新型HR-Vについて、以下のようにコメントしている。

 「フルモデルチェンジした2023年モデルのHR-Vは、クラスを超えた意欲的な品質性能を達成することで、新たな世代にホンダのファンを作り、ホンダブランドになじんでいただくためのはじめの一歩となる重要なモデルです」。

 また「若い買い手、ファーストバイヤー、様々な文化のバックグラウンドを持つ買い手に乗っていただくことで、HR-Vがこのセグメントでのリーダーとなるでしょう」とも述べている。

 アメリカン・ホンダの説明では、デザインでは「アドベンチャー感覚」が強く意識されている。長く伸びたフロントフードから低く水平に流れるベルトラインがリアフェンダーの膨らみまで続き、その流れが躍動感を生み出している。

 ワイドなLEDヘッドライトとテールライトが、HR-Vがアスリートであることを強調。彫り込まれたリアハッチと機能的なテールゲートスポイラーがクルマをよりスポーティに見せている。

 またガラス開口部が大きく取られたおかげで視界に優れ、低い車体とドアミラーで車両感覚をつかみやすくした。最新のレーザー溶接技術のおかげで、ルーフ部分のモールディングが不要となり、より滑らかで美しいエクステリアを完成させることが可能となった。フロントワイパーは使用時以外にはフードに隠れるようにデザインされた」とのこと。

 プロモーションビデオではまだ静止画を様々な方向から見せるだけにとどまっていたが、ややフロントフードが長くて乗用車的ではあるものの、丸みを帯びて可愛らしいオーソドックスなデザインと、アクティブさをイメージさせるブルーグレイやレッド、ホワイト、ブラックなどの外装色、L字のデイライトが仕込まれたシンプルでスムースなフロントLEDコンビネーションライト、ボディの側面にいくほど面積の広がる印象的なリアLEDライトなど、オーナーが愛着を覚えるようなスタイルに仕上がっている。

欧州Cセグメントに位置する新型HR-V

次ページは : ■シビックベースで、ボディサイズはヴェゼルとCR-Vの中間

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ