【N-BOX タント ノート ポルテ】 小さくたって快適だ!! 軽&コンパクト 最新“快適”クルマ考

 クルマを「生活の相棒」として考える場合、ドライバーだけが気持ちよくてもしかたがない。「同乗者全員が快適」という観点で見た場合、どんなクルマが上位に浮かんでくるのか?

 自動車評論家 渡辺陽一郎氏・岡本幸一郎氏に「快適なクルマ」を5台選んでもらい、採点と解説をしてもらった。下記にはお二人の「快適なクルマ」についての考え方も載せてみたので、ぜひご自身との考え方と合わせて読み進んでもらいたい。

 今回はコンパクトカーと軽自動車、ターゲット顧客が競合しているこの2つをひとまとめにして快適なクルマを考えてみた!!

●渡辺陽一郎氏が考える「快適なクルマ」とは?
 後席は前席と比べて後輪と近い位置にあるため快適さの面で不利です。なので、後席が快適であれば全員にとって快適なクルマということになります。後席の足元空間が広く、着座姿勢を正しくとれ、頭上空間が広いこと。座っていても跳ねる感じがせず、バタバタしないこと、遮音性が高いことが重要です。

●岡本幸一郎氏が考える「快適なクルマ」とは?
 不満に感じないスペースがあり、乗り心地は柔らかいだけではなく、フラット(姿勢が乱れにくい、フラットライドな乗り心地)であることが重要だと考えます。

【画像ギャラリー】 いずれも個性派揃い!! 軽&コンパクトの“快適”クルマをギャラリーで!!

※本稿は2019年9月のものです
文:渡辺陽一郎、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ