「今年の一台」決定!! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022は日産ノート!!


 2021年12月10日、その年を代表する1台を決定する日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022の最終選考会が実施された。「今年の1台」に選出されたのは、日産ノート。日産は2010-2011に初代リーフで大賞獲得以来、10年ぶりの受賞となる。

文/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】最終選考に残った「今年の10台」と大賞に輝いた日産ノート(12枚)画像ギャラリー

■シリーズ4モデルを揃えて10年ぶりの受賞

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022」は、2020年11月1日~2021年10月31日に日本国内で発表された全29モデルの新型車のなかから(実行委員会により推薦された60名の選考委員により)一次選考として「10ベストカー」が選出され、その中からさらに「今年を代表する1台」として選ばれる。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022の「今年の一台」に選ばれたのは日産ノート

 今回、一次選考を通過した「10ベストカー」は以下の10台。

トヨタ/SUBARU GR86/SUBARU BRZ
トヨタ MIRAI
トヨタ ランドクルーザー
※日産 ノート/ノート オーラ/ノート オーラ NISMO/ノート AUTECH CROSSOVER
ホンダ ヴェゼル
三菱 アウトランダー
BMW 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)
シボレー コルベット
メルセデス・ベンツ Cクラス
フォルクスワーゲン ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント

(※大賞受賞)

 大賞を受賞した日産ノートの獲得点数は335点。2位となったトヨタGR86/スバルBRZは264点であった。トヨタは10ベストカーに3車種を送り込むほど評価の高い新型車を揃えたが、結果的に票が割れてしまい(MIRAIは104点、ランドクルーザーは45点)、単純計算ではあるが、この票を集約できていれば大賞を受賞できていたかもしれない。

■大賞のほかに5モデルに各賞を授与

 また大賞にあたる「イヤーカー」のほかに与えられる各賞については以下のとおり。

■K CAR オブ・ザ・イヤー受賞 ホンダN-ONE
(その年に発表された軽自動車の中でその年を代表する一台)

■パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 シボレーコルベット
(その年に発表された新型車の中で特に走行性能において優れた一台)

■テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 三菱アウトランダー
(その年に発表された新型車の中で特に技術力において優れた一台)

■デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 BMW 4シリーズ
(その年に発表された新型車の中で特に内外装のデザインにおいて優れた一台)

■インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 フォルクスワーゲンゴルフ
(その年に発表された輸入車の中で選考委員に最も評価された一台)

【画像ギャラリー】最終選考に残った「今年の10台」と大賞に輝いた日産ノート(12枚)画像ギャラリー