三菱新型RVR突如発表!! ビッグマイチェンで捲土重来を期す!!!

■世界中で売れまくっているRVR

 三菱自動車は3月5日~3月17日に開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーにて、コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の新型を世界初披露する、と発表した。

突如「ジュネーブショーに出展する」と発表された新型RVR。写真のとおり市販型(欧州仕様)であり、日本導入は今年中頃となりそう

 三菱は「2020年モデル」という言葉を使っているが、これは現行RVRのマイナーチェンジモデル(市販型)であり、欧州での先行発表となったが、日本市場でも2019年中頃には発表、発売されることになる。

欧州仕様は2LのNAエンジンにMTの設定があるが、日本仕様はどうなるかまだ未発表。エクリプスクロスの1.5Lターボが搭載されると面白いのだが…

「ASX(RVR)」といえば、現行型が登場したのは2009年。

 日本では同クラスのトヨタC-HRやホンダヴェゼル、マツダCX-3やスバルXVに比べるとやや地味な存在ではあるものの、北米、欧州、豪州、中国など約 90 カ国で累計約132万台を販売している世界戦略車。現在、三菱において3番目に(世界)販売台数の多いモデルとなる。

 最大の変更点はやはりエクステリアデザインの大幅な刷新だろう。

 三菱のデザインアイデンティティである「ダイナミックシールド」を採用した押し出しの強いフロントマスクとなっており、LEDを多用したライト回りはどこか新型デリカD:5っぽさもある。

世界中でブームとなっているコンパクトSUVだけに、搭載ユニットにオリジナリティを出せれば大ヒットしそう

 今回の発表にあたり、欧州仕様では2LのMIVECエンジンに5MTと(6速スポーツモード付き)CVTが組み合わされることが公表されたが、従来型の日本仕様では1.8Lガソリンエンジンのみのラインアップ。エクリプスクロスに搭載されている1.5LターボやデリカD:5に搭載される2.2LディーゼルがRVRに載れば、超絶に楽しいクルマになるし、かなり売れると思うのだが、どうだろう。

■フルモデルチェンジは数年先に…

 また、今回RVRのマイナーチェンジが発表されたことで、どうやらフルモデルチェンジはかなり先になることがわかった。

こちらは現行型のRVR。欧州では2009年にデビューし、日本市場では2010年2月に発売。今月で丸9年が経過したことになる

 次期型RVRは(三菱単独ではなく)資本提携関係にある日産のジュークと共同プラットフォームを使うよう開発が進められており、モデルサイクルを考えると今年あたりにフルチェンジする可能性が高かった。

 しかし今回のマイナーチェンジ発表により、もうあと数年は現行型RVRを作る続ける…ということが判明したわけだ。フルモデルチェンジが先だということがわかったのはやや寂しいが(しかも次期型には日産のe-POWERの技術が導入されるらしいし)、現行型の寿命が延びたと考えると、それはそれでいい話でもあるな…とも思う。

 なにはともあれ新型(マイチェン版)RVR、早く肉眼でお目にかかりたい。

新型(マイナーチェンジ版)のRVR。無骨な感じがいかにも三菱車らしい

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ