【画像ギャラリー】標準車より60万円高のマツダ3 SKYACTIV-Xはどんなクルマ?

新世代ガソリンエンジン登場!!

記事に戻る| 【アクセラ、アテンザ、デミオと続々名門車名消滅…】マツダ車名統一戦略の功と罪

SKYACTIV-Xは2Lで180ps/22.8kgmのスペック。SKYACTIV-Gに比べ約15%アップ
ブラックメタリックに塗装された専用アルミと大型マフラーカッターを装着
右リアコンビランプ下にSKYACTIV-Xのエンブレムが装着される
インテリアはほかのエンジン搭載車と変わらず
3眼タイプのメーター類も同じ(TFTカラー)
SPCCI(火花点火制御圧縮着火)はディスプレイに表示される
SKYACTIV-Xはマイルドハイブリッド仕様だ
SKYACTIV-X搭載の第2弾はCX-30で、2020年1月以降に発売開始予定

記事に戻る| 【アクセラ、アテンザ、デミオと続々名門車名消滅…】マツダ車名統一戦略の功と罪

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ