【画像ギャラリー】ピケ、マンセル、プロスト……e.t.c 懐かしのウィリアムズのF1マシンをフラッシュバック!!

FW08

記事に戻る|老兵は死なずただ消え去るのみ!! ウィリアムズF1の栄光と挫折

1982年にケケ・ロズベルグがチャンピオン獲得

FW09

1983~1984年:ホンダ第2期F1の初優勝マシン

FW10

1985年:ウィリアムズ初のカーボンモノコックを採用したマシン

FW11

1986年:16戦9勝をマーク
1987年:ネルソン・ピケがFW11Bでチャンピオン獲得

FW12

1988年:ホンダエンジンを失いジャッドエンジンを搭載

FW13

1989年:ルノーV10エンジンを搭載

FW14

1991年:エイドリアン・ニューウェイが初めて設計に関与
1992年にFW14Bに進化し、アクティブサスペンションを搭載し、ナイジェル・マンセルが悲願のチャンピオン獲得(写真はFW14)

FW15C

1993年:アラン・プロストがチャンピオンを獲得

FW16

1994年:アイルトン・セナが事故死した悲運のマシン
写真右から順にアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ。3人ともウィリアムズのマシンでチャンピオン獲得
車椅子の闘将、フランク・ウィリアムズ卿

記事に戻る|老兵は死なずただ消え去るのみ!! ウィリアムズF1の栄光と挫折

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ