【画像ギャラリー】一堂に会したGRヤリス8台を写真でチェック!

元記事に戻る モリゾウこと豊田章男社長自ら開発に関わった 情熱宿るGRヤリス降臨!

RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス。1.6L、直3ターボエンジンは272ps/37.7kgmを発生
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZ
RZ
225/40R18タイヤ(ダンロップSPスポーツMAXX050)にENKEI8×18インチ鋳造アルミホイールを装着
RZのコクピット
RZ、RCにはファブリック素材のスポーツシートを装着
RZハイパフォーマンス
225/40ZR18タイヤ(ミシュランパイロットスポーツ4S)にBBS製8J×18インチ鍛造アルミホイール
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス
RZハイパフォーマンス GRパーツ装着車。フロントスポイラー、サイドスカートなどドレスアップパーツが装着されている
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車。225/40ZR18タイヤ(ミシュランパイロットスポーツ4S)にBBS製8J×18インチ鍛造アルミホイールが装着されている
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車
GRリアスポイラー。価格は6万6000円
リアスタイリングキット。価格は22万7700円
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車。GRインテリアパネルセットが装着されている。価格は2万9700円
RZハイパフォーマンスGRパーツ装着車
ボディストライプ。2万2400円
RZハイパフォーマンス1stエディション(完売済み)
RZハイパフォーマンス1stエディション
RZハイパフォーマンス1stエディション
RZハイパフォーマンス1stエディション
マスタードライバー、モリゾウのサイン
モータースポーツ競技用車両、RCグレード
モータースポーツ競技用車両、RCグレード。車両重量は1250kg
ENKEI製17インチ鋳造アルミホイールを装着。RC用ブレーキはラリー用の小径タイヤを考慮してフロントは16インチのブレーキシステム。フロントサスペンションはラリー、ダートトライアル用競技に使用される15インチホイールに対応したステアリングナックルを採用
モータースポーツ競技用のRC
RCはナビ、エアコンレス
モータースポーツ競技用のRCにはファブリック素材のスポーツシート。スポーツ走行時の優れたサポート性能を確保
GRヤリスRS。120ps/14.8kgmの1.5L、直3NAエンジンを搭載する
GRヤリスRS
225/40R18タイヤにENKEI製8J×18インチ鋳造アルミホイールを組み合わせる。タイヤ銘柄はダンロップSPスポーツMAXX050
GRヤリスRS
RSはダイレクトシフトCVTを組み合わせる
GRヤリスRSはファブリック素材のスポーツシートを装着
RZハイパフォーマンス 競技用向けGRパーツ装着車(参考出品車)
RZハイパフォーマンス 競技用向けGRパーツ装着車(参考出品車)。サンプガード、フロアガード、タンクガードの3点セットで27万600円
RZハイパフォーマンス 競技用向けGRパーツ(参考出品車)
JAF公認競技にも出場可能な6点式GRロールバーはサイドバーなしが24万6400円、サイドバーありが27万3900円
フロントはピラー内にロールバーを格納しているため視界を妨げない構造。ロールバーを装着していても4人乗車可能
ストラットタワーバー。価格は3万3594円
GR強化メタルクラッチ&クラッチカバーセット。ハードな走行にも対応する優れた耐熱性を実現。クラッチカバーの圧着力向上により、エンジンパワーをロスなく駆動輪へ伝える。価格は15万5760円
タイヤの片側空転時も適切な駆動力を路面に伝達するGR機械式LSD。38万7497円。グラベル用はフロント1.0WAY、リア1.5WAY、ターマック用はフロント1.0WAY、リア1.0WAY
GRフロアマット(アドバンスド)。価格は1台分3万3000円。運転席用はクラッチメダル、ブレーキメダルを操作に合わせて表面パターンが違う

元記事に戻る モリゾウこと豊田章男社長自ら開発に関わった 情熱宿るGRヤリス降臨!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ