【画像ギャラリー】レガシィB4も2020年6月22日をもって受注終了! 思い出のレガシィツーリングワゴンをもう一度

■初代(1989〜1993年)BF型

記事に戻る|これぞスバルの真髄!! 歴代レガシィ&レヴォーグ 再試乗で知る価値と魅力

元号が平成に変わったばかりの1989年1月に登場。速度記録やWRCといった競技にも積極的に参戦し、ターボ+ATのGTは1989年秋に加わった

■2代目(1993〜1998年)BG型

2代目のツーリングワゴンのデザインはベンツにいたオリビエ・ブーレイ氏が担当。このモデルでアウトバックの前身となるグランドワゴンが加わった

■3代目(1998〜2003年)BH型

3代目登場時の開発責任者は故・桂田勝氏が務めた。スバルの伝統である年次改良が世に広まり始めたのは3代目からだったように感じる

■4代目(2003〜2009年)BP型

3ナンバー幅となったが、そのぶんタイヤの切れ角が大きくなり実質的な取り回しはむしろ向上した印象だった。軽量化のためバックドアにもアルミを使った

■5代目(2009〜2014年)BR型

北米をターゲットにしたためボディサイズ以上に大きく見える5代目。悪役のように扱われることもあるが、むしろスバルを立て直した功労車だ

記事に戻る|これぞスバルの真髄!! 歴代レガシィ&レヴォーグ 再試乗で知る価値と魅力

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ