【画像ギャラリー】自由なのはいいけどマナーは守りたい! 車中泊で注意したいポイント

■エンジンをかけたまま車中泊しない

記事に戻る|買えない…でもほしい!! こんなご時世だからレンタルキャンピングカーという選択肢

エンジンの排気ガスが車内に入り込み、一酸化炭素中毒に陥る可能性が高くなる。また、夜間にエンジンをかけたままにしておくことは、騒音や環境汚染の点からもNGだ

■SA・PAでは車中泊はNG。RVパークなどを利用しよう

SA・PAでは長時間スペースを占拠する車中泊はNGだ。道の駅も、マナーの悪化から車中泊を禁止している場所もある。スケジュールを決める時に、車中泊可能な場所かのチェックも必要だ

■周囲の迷惑にならないように気を付ける

ゴミを持ち帰らない、大音量で音楽を流しているという行為は、環境破壊や周囲の迷惑となる

■火を使う場合は直火禁止

自然のなかで焚火を楽しみたいという人もいると思うが、火災の原因になったり、生態系を壊すことから直火は禁止だ

記事に戻る|買えない…でもほしい!! こんなご時世だからレンタルキャンピングカーという選択肢

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ